集中力をみるみる挙げる勉強法|タイムラプスと動画のとり方

「よし、勉強やろう!って思うんですけど、なんかついTwitterやっちゃって…」

「やることやらなきゃとは思うのに、友達とのラインが気になって集中できないです」

 

もしかしたらあなたはこうお悩みかも知れませんね。

 

最近、Twitterやインスタグラムの勉強垢(勉強用のアカウント:勉強時間を報告したり勉強情報の交換等をするアカウント)にタイムラプスをのせる人が増えてきています。タイムラプスをすることで、勉強が捗る、集中力が増した、などの素敵な報告が多数届いています。

 

今回は、タイムラプスについてと高校生、浪人生に向けて受験勉強をする際のタイムラプスの有効活用についてご紹介します。

 

タイムラプスとは

タイムラプスとは、「長時間の動画を、ぎゅーっと凝縮して短い時間で再生できる形にしたもの(動画)」です。

 

タイムラプスは、自分がなにかしている様子を最初から最後まで撮影して動画保存することで、「早回し再生」の如く、長時間とった動画を短い時間で確認できる動画です。どれくらいの時間が凝縮できるか平均的にまとめてみると、以下のようです。だいたい、1時間のものを動画でとったとしたら、30秒に圧縮できます。

 

撮影時間 動画の再生時間
1分間 4秒
5分間 20秒
10分間 20秒
30分間 30秒
60分間 30秒

 

このタイムラプスを利用した勉強法が「タイムラプス勉強法」です。

 

タイムラプス勉強法とは?|勉強法と動画のとり方について

 

タイムラプス勉強法とは、文字通りタイムラプスを使って、勉強の様子を取る勉強法です。

 

やり方を説明します。勉強する様子をタイムラプスで取ります。iPhoneを使用している人は、簡単にタイムプラスを使うことが出来ます。カメラアプリを起動すると「写真」「ビデオ」といった撮影方法を選ぶことができるのですが、その中にある「タイムラプス」を選んでタイムラプスモードで撮影をするだけです!

 

※カメラアプリの中にタイムラプスがあります。

この時いくつか注意する点があります。

 

①スマホは機内モードにする

スマホはぜひ機内モードにし、Wi-Fiもオフにしてください。機内モード等にしておかないと、タイムプラスをやっている途中に、ラインの通知やメールや電話など自分の集中力を途切れさせる可能性がたくさんあります。そのため、スマホは機内モードにし、Wi-Fiはオフにすることで、撮影中は気が散らないようにしてください。

ちなみにスマホが勉強効率に与える影響はこちらの記事で解説しています

受験で成功したければスマホを触ってはいけない

 

②充電の残りは常にチェック

タイムプラスを使うと、電池の消耗が激しいです。そのため、家等スマホの充電ができるところであれば、充電をしながら撮影したり、モバイルバッテリーを使いながら撮影しましょう。

 

③勉強時間はストップウォッチなどで計測しておきましょう

タイムプラスは秒速で撮影をするので、「自分結局どれだけ勉強したんだっけ?」となってしまう可能性があります。そのため、勉強時間をどれだけやっているのか、ストップウォッチ等で別途計測しておくことで、自分がだいたいどれくらい勉強していたのか目安が分かります。

 

タイムプラス学習法のメリット4つ

 

最後にタイムプラス学習法のメリットについてご紹介します。

 

①スマホをいじらなくてすむ

1番のメリットはここです。スマホをついついいじって勉強に集中できないのは、高校生に限らず大学生になっても悩みます。(現状私もスマホをいじって勉強に集中できないときがあります。)タイムプラス学習法は、動画をとるためにスマホを使ってしまうため、タイムプラス撮影中はスマホを使いません。そのため、とりあえずスマホをいじって勉強中に遊ぶということは減ります。

 

②勉強垢に投稿できる→モチベーションが上がる!

最近、InstagramやTwitterに勉強垢を作り、勉強友達と勉強の様子を報告し合うことでモチベーションを維持する受験生が多くいます。タイムラプスで動画をとり、勉強の様子をTwitter等で投稿することでモチベーションが維持できるかも知れません。

例えば、タイムラプスでとった動画をTwitter等でアップすると、見てくれている友達から「いいね!」をもらえたり、コメントをもらえると、「自分の様子見てもらえた!がんばろう」と自分のがんばりが認められた気がしてモチベーションが上がる可能性があります。

 

勉強をすればするほど(長時間勉強をすればするほど)、タイムラプスの動画時間は伸びるので、動画を投稿したいから勉強時間が増えたという高校生も実際にいるそうです。もちろん、勉強時間だけでなく、勉強に集中しているか、勉強内容がその人にあっているかなど、様々な要因があると思うのですが、スマホが使えずいじれないので、集中して勉強ができている方が多いそうです。

 

③勉強の様子が監視されている

動画を見返した時に、自分がぼーっとしている様子やお菓子を食べている様子、寝ている様子などが見えてしまいます。集中してない様子まで見えてしまいます。動画を見返せてしまうので、集中して勉強しなきゃと思うと話す高校生もいます。

 

④達成感を味わえる

これは実際に私がやった時に感じたことです 笑

タイムプラス撮影中に時計も横に置きつつ、書き込み式のプリントも置きつつ撮影します。映像を確認すると、時計の針がぐるぐる回って、プリントに文字が書き込まれていく様子が確認できます。自分の頑張りが可視化されるので、達成感を味わえます。

 

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます。ここまでの内容をまとめます。

 

①タイムプラス学習法とは、カメラアプリのタイププラスを使って撮影する学習法です。

 

②タイムプラス学習法をする際に、スマホは機内モードにすると良いです。

 

③タイムプラス学習法をすると、勉強垢に投稿できたり、達成感が得られたり、スマホに触らず集中して学習できるなどの様々なメリットがります。

 

一昔前だとスマホがそもそもなかったので、このような勉強法はありませんでした。でもイマドキだからこそこれからは、高校生の間を中心に「タイムプラス学習法」が当たり前になる時代もそう遠くない時代に来るのかも知れませんね。

自宅で勉強しているけれどなかなか集中できない人ぜひ1度試してみてください。

 



アクシブアカデミーについて

アクシブblog予備校では受験に役立つ情報を随時更新しています。

また、アクシブblog予備校を運営するアクシブアカデミーは東京大学が位置する本郷三丁目に本部を持ち、大学の受験情報や参考書の分析などを行い、塾生・受験生の皆さんのお力になれるよう日々尽力しています。

アクシブアカデミーに興味のある方はぜひこちらからお問い合わせください。


アクシブ アカデミーのホームページ画像
最新情報をチェックしよう!