現役生が伝える!法政大学 経営学部 市場経営学科で学べること

こんにちは。法政大学の経営学部に通う大学3年生です。今回は私の通う『法政大学 経営学部 市場経営学科』についてリアルな声をお届けします。

経営学部で学べることから、市場経営学科で学べること、就職先について迫っていこうと思います!

 

経営学部に興味あるけど、正直なにをやるのか分からない、まだ学部が決まっていないという方のお助けになれる内容が盛りだくさんです。ぜひ最後までお読みください!

そもそも経営学部とは

 「経営学部と経済学部どこがどう違うの?」

 「大体学ぶことは同じでしょ?」

 

と思う受験生は多いですよね。実際、私は大学に入って経営学を学ぶまで違いがわかっていませんでした。そこで、ここでは「経営学部」の特徴を説明していきます。

こちらの記事でも詳しく解説しています!

 

経済学部?経営学部?それとも商学部?ー違いと選び方ー

 

経営学部の特徴としては以下の2点が挙げられます。

経営学部は『会社』が対象

具体例を出して説明していきます。あなたがある会社の社長になったとします。そのとき、会社を潰さないためには「ヒト・モノ・カネ・情報」の4つの資源を活用していかなければ成りません。

  • 「どうやったら社員がやる気を持って働いてくれるのか」
  • 「どうやったら製品が売れるのか」
  • 「不必要なコストがかかっていないか」

といったことを考え企業をよりよい方向へと導くために必要なのが経営学なのです。具体的には、組織運営やマーケティング、人材マネジメント、財務などの科目が中心となってきます。このように、経営学部では対象が『会社』となってきます。

経営学部は『実践的』

経営学ではよくケーススタディが用いられます。そのため、理論だけではなく

  • 「実際の企業ではどのような取り組みが行われているのか」
  • 「現実ではどのような影響を及ぼすことができるのか」

といった実践的な部分も学ぶことができます。また、経営学部の教授の中には昔は大手企業で働いていたという方が多くいます。そのような実務での経験のある教授から指導を受けることができるのは、社会に出てからも役に立つことだと思います。

市場経営学科で学べること

これまで経営学部について説明をしてきました。しかし、法政大学経営学部はさらに3つの学科に分かれていてなにがなんだか分からなくなってしましますよね。そこで、今回は私の通う市場経営学科について紹介していこうと思います!市場経営学科では以下の3つのような専門科目を学び、『将来的にマーケット創造を担う人材育成」が目指されています。

  •  マーケティング
  •  イノベーション
  •  公共サービス

中でも、人気のマーケティングとイノベーションについて具体的に説明していきます!

マーケティングとは

マーケティングとは一言で言うと『モノが売れる仕組みをつくること』例えば、アイスを買うとしましょう。そのとき何気なく買った商品にもマーケティングが行われています。商品名、置くお店(スーパーがいいとかコンビニがいいとか)、価格、これらをどう設定するのかといったのが全てマーケティングです。しかし、どんなに美味しくて低価格で素晴らしい商品ができととしても、その商品を消費者が知ることがなければ売れません。そこで、企業は広告や試食会といったプロモーションを行います。これもマーケティングなんです!

 

ちなみに私は広告について勉強しています。You Tubeを見ているときに突然広告が出てきて「邪魔だな〜」と思った経験はみなさんないでしょうか。広告=嫌われ者というイメージを払拭してやろう!!というのが私の研究です。(笑)

イノベーションとは

受験生のみなさんならイノベーションと言えば「技術革新」のことでしょ?と思うかもしれません。その通りです。

では、ここでも実際の例を挙げて説明していきます。2019年の今ではスマートフォンは当たり前の時代になっています。しかし、数十年さかのぼってみるとスマートフォンなんてものは存在しませんでした。携帯電話でできることと言えば、せいぜい電話とメールくらい。そんな時代に誰がパソコンと携帯電話をくっつけて欲しいと言ったでしょうか。だれもそんなことは口にはしません。よくイノベーションなどの授業でいわれるのが「消費者は自分の欲しいものを口にだせない」ということです。

 

しかし、あの有名なAppleのスティーブ・ジョブズは消費者のニーズを掘り出して、パソコンと携帯電話をくっつけてしまったのです。iPhoneなどが登場したことにより人々の生活は一変しました。旅行にいくにしろ手元にiPhoneがあれば安心。ゲームだってできちゃうし、音楽も聞けちゃう。このように、iPhoneは人々の新しい生活をつくったのです。これがイノベーションです!市場経営学科で学べることに対して具体的なイメージをもっていただけたのではないでしょうか。このような身近なものの裏側を考える力を付けられるという点で、とても面白い学科だと思います!

こんな人にオススメ

これまで、経営学部/市場経営学科ではどのようなことが学べるか説明してきましたが、正直まだ学部・学科決めきれないな、、って人もいるかと思います。そこで、私の体験談も交えて法政大学・経営学部にオススメな人をあげていきます。

将来(卒業後・学生のうちに)起業を考えている人

ズバリ!将来起業したいという目標がある人には向いている学部です。実際、私の周りにも起業を考えている人がいます。経営者になるには、やはりそれなりの知識がないとやっていけません。先述したように、経営学部では理論だけではなく実践的な学びをすることができるので、起業する際にもとても役に立ちます。また、親切な教授が多い点でも起業を考えている人にオススメしたいです。経営学部にはたくさんの教授がいますが起業を考えている人をサポートしてくれる教授もいます。相談にいけばとても親切に相談にとってくれ、授業の終わりにはいつも質問したい人で列ができています。

将来マーケッターになりたい人

起業までは考えていなくても「もっと便利で豊かな生活を送れるような商品をつくりたい!」「将来は製品開発に携わりたい!」といった思いがある人にもオススメです。

企業に入ってから、大学で習ったことと違う!上手くいかない!という経験は必ずあると思います。しかし、知識が0の人と多少なりともある人では出てくる解決策やアイデアが違うと私は思います。学生のうちに理論を学んでおくということは、将来必ず役に立ちます!

1年生のうちから経営学を学んでいきたい人

1・2年生のうちは基礎科目(英語とか倫理とか)が多く、専門科目があまり勉強できない大学が多いです。私も、実際に経営学部なのに全然経営の勉強ないじゃん!!って思った記憶があります。しかし、法政大学の経営学部では今年からカリキュラムが変わりました!1年生のうちに経営学の全ての分野の基礎を習い、2年生から興味をもった分野を深掘って勉強していくことができるカリキュラムになりました。また、1年生から、少人数でのクラスも設けられているので積極的に授業に参加することができます。4年間経営学をみっちり勉強していきたいという人にはオススメな大学になりました。

数学が苦手な人

経営学部が全く数学を使わない学部かといったらそれは嘘になります。情報があふれている今日では「統計」が重要視されるようになってきています。経営学部では統計など数学的なを学びの機会があります。しかし、高度な数学の知識が求められることは少ないため数学が苦手という人でも難なく学べる学部だと思います。経営学部と近い学部として経済学部が挙げられます。経済学部では微積分や線形代数などを用いることがあります。基本的に授業で扱うものに関しては高校数学のレベルで対応できるレベルとなっていますが、数学が得意という人には向いている学部になります。

法政大学 経営学部の就職先は?

 1位 金融・保険

 2位 サービス

 3位 情報・通信

 4位 卸・小売

 5位 製造

(参照:法政大学HPhttp://www.hosei.ac.jp/careercenter/riyo/syushoku/jhokyo/keiei.html

文系では、どこの学部の就職実績を見ても金融・保険が上位にいるってことはよくあります。実際に法政大学HPを参照してみると、1位が金融・保険となっています。確かに私の周りにこのような業界を目指す友人も多くいます。私が法政大学の経営学部に所属していて特徴だと思うことが一つあります。それは、資格をとろうとする人が多いこと。経営学部の人が目指す資格は会計のプロフェッショナルである公認会計士、税務の専門家である税理士などです。法政大学にはとくに公認会計士を目指す人が多くいます。1年生から始まり、卒業までに公認会計士の資格を取るカリキュラムの講座が設けられています。実際に私の友人は、3年生で公認会計士の資格を取得しました。(これってほんとにすごいことなんです!)公認会計士を目指す人には特別に自習室が与えられたりとサポートも万全です。このように会計などのプロフェッショナルとして活躍する人も多く輩出しているのが法政大学の経営学部の特徴だといえます。

法政大学の科目・配点・偏差値・倍率・合格最低点・受験日程を確認しよう

大学受験は情報戦でもあります。法政大学には2科目受験ができる日程などもあるのでしっかり確認しておきましょう。

法政大学経営学部市場経営学科(一年前)

科目・配点 偏差値 倍率 合格最低点
T日程 英語(150)

国語または数学(100)

55.0 10.29 169
A日程 英語(150)

国語(100)

地歴公民または数学(100)

55.0 5.22 226.1

アクシブアカデミーでは全国の大学の受験科目や受験日程など様々な情報を確認できます。

ぜひ活用して、大学受験に打ち勝ちましょう!!

URL:https://axivacademy.shinroshidou.net/univ_detail/2000?fi=351&ex=1



アクシブアカデミーについて

アクシブblog予備校では参考書ルートなど、受験に役立つ情報を随時更新しています。

また、アクシブblog予備校を運営するアクシブアカデミーは東京大学が位置する本郷三丁目に本部を持ち、大学の受験情報や参考書の分析などを行い、塾生・受験生の皆さんのお力になれるよう日々尽力しています。

アクシブアカデミーに興味のある方はぜひこちらからお問い合わせください。

学習体質を身につける方法とは?

アクシブブログは、「スマホ体質を学習体質に。」をコンセプトに「たった2ヶ月で人生を変える塾」として 高校生・高卒生のみを対象にした大学受験専門の塾アクシブアカデミーが運営する大学受験メディアです。

【2ヶ月で人生を変えるアクシブアカデミーについての詳細はこちら】
・アクシブアカデミーってどのような塾なのか?
アクシブアカデミーはどんな予備校?
・オンラインでの個別指導で自宅でも通える
オンライン対応で高校生を救う!アクシブアカデミーの取り組み
・効率的な勉強方法を聞きたい
アクシブアカデミー無料受験相談を実施中!