2019年度 神戸学院大学の英語 過去問分析とおすすめ参考書

こんにちは!

アクシブブログ予備校です。

このブログでは、人気大学の2019年度の入試問題を教科ごとに解説し、対策法と対策に使える参考書を紹介していきます。

今回は神戸学院大学の英語についてご紹介します。

傾向と対策

制限時間は国語と合わせて90分あり、少々時間に追われる解答時間となります。センター試験のような記号問題となっており、センター試験の対策がそのままこちらの入試の対策となります。

問題ごとの分析

大問1 発音、アクセント問題

1番対策がしづらい大問です。日頃から英語を声にしてみるとなんとなく選択肢がしぼり込めるようになります。しかし、あまり今まで対策をしてこなかった人はあえて本問の対策をする必要はないでしょう。それよりも、長文で必ず点を取れるように頑張っていくほうが適切な受験対策と言えます。いずれにせよ、本大問の対策は直前で詰めるというよりは毎日の勉強で知っておく、という方が適切でしょう。

参考までに問題に出されている単語を見てみると、その殆どが中学単語からの出題でした。対策するならばターゲット1200に出ている単語を中心にすればよいでしょう。

大問2 熟語 空所補充 整序問題

本問はぜひとも対策していきたい問題です。文法は高校で習うレベルであり、特に時制とto不定詞については頻出の問題です。出る問題がわかっているようなものなので、早めに対策をすることで必ず満点が取れるようにしましょう。

文章の整序問題は文法についての知識がなければ難しいのでまずはそちらを抑えてから対策をするようにしていきたいです。しかし、それほどの時間がないという人は取り敢えず文型を覚えるようにしましょう。これにより、絶対はいらない単語などの見分けがつくようになります。

大問3 会話文

適切な単語、文章を空所に補充する問題です。やはりここでも時制に関する文法問題が出題されており、対策が必要になってきます。また、長文問題を読解するのに役立つディスコースマーカーについての問題も出題されていたのでそちらは絶対に解けるように各単語の文章においての役割を確認しておくと良いでしょう。

大問4 長文 

長文が与えられており、空所補充問題と内容理解に関する問題が数問出題されています。もんだいの内容はいたってシンプルであり、その分速読が求められます。文章内容は基本的には簡単で、単語量もセンター試験が解けたら問題ないほどです。入試までに時間がない人もこの問題が解けるかどうかで合否が分かれる問題なので、しっかりと取り切れるようにしましょう。

大問5 長文の並べ替え

長文の並べ替え問題により、文章の流れをおえているか、またパラグラフごとの知識を問う問題でした。出題意図がはっきりした問題で、入試の問題対策によってかなり得点が変わる問題だと思います。まずそれぞれの文章ごとに言っていることをおさえて空いてる箇所にメモ書きなどしてみると読解がしやすくなり、文章のつながりがはっきりしてきます。

ちなみに2019年の問題は評論ですが2018年の問題は小説文であり、定まってません。幅広い文章に対応できるように日ごろから英文になじんでおくとよいでしょう。

神戸学院大学 英語の対策 参考書紹介

<文法> 高校英文法を一つひとつわかりやすく

高校三年分の英文法をわかりやすくまとめた教材です。授業ではわからなかった問題もそういうことかと納得できるので予習はもちろん、復習にも効果的なものとなっています。こちらで文法の基礎を抑えて大問2の得点を確実なものにしましょう。

<問題集> スピード英語長文

本大学は長文の量はそこまで多くありませんが、試験時間が短いため速読力をつけなければなりません。本問題集は簡単な英語の長文を読み、素早く内容を理解をすることができるようになる問題集です。これによって速読力をつけ、入試においても時間内に解けるようにしましょう。

<文法> スクランブル英文法ベーシック

大問2は英文法の問題が多くあるため、こちらの参考書で基礎を身に着けていきましょう。一通りさらえば、似たような問題が出題されているので満点に近い点数を取りやすくなりますし、並べ替え問題も文法の知識をつけていれば知識がなくても対応可能な問題が多くあります。対策しておいて損はないでしょう。

まとめ

英語は積み上げ科目なので、勉強がおろそかになっている単元があれば長文の演習に移っても思ったより効果は望めません。本大学はいろいろな出題がなされており、総合力を問うていることがより顕著な大学です。無論、そのどれが欠けていても入試において得点が得られませんので、時間がある人は日ごろから偏ることのない勉強をすることがが大切になります。時間がなければ長文を優先すると高得点を狙えるため、そちらを徹底的に行いましょう。



アクシブアカデミーについて

アクシブblog予備校では参考書ルートなど、受験に役立つ情報を随時更新しています。

また、アクシブblog予備校を運営するアクシブアカデミーは東京大学が位置する本郷三丁目に本部を持ち、大学の受験情報や参考書の分析などを行い、塾生・受験生の皆さんのお力になれるよう日々尽力しています。

アクシブアカデミーに興味のある方はぜひこちらからお問い合わせください。

学習体質を身につける方法とは?

アクシブブログは、「スマホ体質を学習体質に。」をコンセプトに「たった2ヶ月で人生を変える塾」として 高校生・高卒生のみを対象にした大学受験専門の塾アクシブアカデミーが運営する大学受験メディアです。

【2ヶ月で人生を変えるアクシブアカデミーについての詳細はこちら】
・アクシブアカデミーってどのような塾なのか?
アクシブアカデミーはどんな予備校?
・オンラインでの個別指導で自宅でも通える
オンライン対応で高校生を救う!アクシブアカデミーの取り組み
・効率的な勉強方法を聞きたい
アクシブアカデミー無料受験相談を実施中!