「勉強したらお金を払う」という教育方法は有効なのか

報酬としてお金を払うのはいいこと?

中々思った通りに勉強をしない子供に対し、報酬を払うやり方で勉強させる手があります。

何を報酬とするかにもよりますが、使い道の多いお金は特に、強力な報酬となることが判明しています。

例えば、英単語をいくつ暗記したらいくらという形で、事前に報酬を設定する勉強法を検討することができます。

報酬がやる気に繋がるか否かは個人差があるものの、勉強をしたらお金を払うやり方の有効性が認められているのは確かです。

これはアメリカの2都市で行われた実験の結果によるもので、子供の学習を対象としているのが特徴です。

実験の結論は、勉強の動機づけとして報酬にお金を払うのは、インセンティブに有効というものです。

効率的かどうかは別ですが、しかし試してみる価値があるのは間違いないでしょう。

倫理的にいいのかという疑問は残りますが、短期的な期間に限定して検証を行うには、とっておきの題材だと思われます。

勿論、報酬で上がったモチベーションは、報酬が払われなくなった途端に損なわれるので、その点を理解しておくことが必要です。

目的も知的好奇心や探求心に代わり、お金を得ることがゴールになりますから、決してメリットばかりではないことを留意すべきでしょう。

実際の勉強への活かし方

勉強をしたらお金を払う教育は、暗記の数に合わせて報酬が決まる、というような勉強法に活用できます。

英語なら単語1つにつきいくらで、合計いくつ以上を勉強すると報酬が発生するか決めます。

テストの点数で報酬を払う方法もありますが、これだとクリアできなかった場合のフラストレーションが溜まります。

報酬がもらえないばかりか精神的に疲れてしまいますから、却ってモチベーションが下がり得るでしょう。

ところが、暗記をする勉強法であれば、クリア条件を低く設定できるので、目標を達成する可能性が高くなります。

子供にとってみれば、遠くに感じるゴールよりも、近くにあるゴールの方が断然目指しやすいはずです。

現実的な目標を設定する、そう言い換えることもできますから、実際にお金を払う教育方法を実践するのであれば、無理なく達成可能な目標を定めましょう。

どう考えても達成不可能で、報酬ばかりを大きく設定すると子供は疑心暗鬼に陥ります。

そして最悪、信頼を失うことになるので、無理な条件は突きつけないことが重要です。

暗記以外にも応用できそうですが、大切なのは子供が何にやる気を感じ、勉強のモチベーションを保つかです。

勉強法に絶対というものはありませんが、それでも応用してみる余地はあるといえます。

科学的根拠

勉強にお金を払う教育方法の有効性は、これまでに様々な研究で検証されています。

アメリカの事例では、ニューサウスウェールズ大学のリチャード・ホールデン経済学部教授が有効性を確認しました。

対象はヒューストンとワシントンで、出席や善行に小テストといった尺度を用いて、課題のクリアに対して報酬を支払うというものです。

実験では、金銭的な報酬を受け取った生徒は数学的リテラシーの成績が上がり、ワシントンの事例では読解力が15%向上したことが確認されています。

中には読解力と成績が下がった生徒もいましたが、全体的に数学的リテラシーの成績は上がりました。

読解力の上下は、生徒の層によるところが大きく、上位20%は成績にあまり影響がありませんが、下位20%は逆に読解力も成績も下がっています。

つまり子供がどの層に属するかによって、この教育方法の有効性が違ってくるということになります。

論文というか研究結果はまとめて公開されているので、これを科学的根拠とすることができます。

リチャード・ホールデン経済学部教授は、ノーベル経済学賞を受賞したオリバー・ハート博士に学びハーバード大学で博士号を取得していますから、信頼できる人物です。

まとめ

勉強をしたらお金を払う教育方法は、倫理的には気になる部分こそありますが、有効性があることは経済学部の教授によって確認済みです。

実際に活用しようとすると、条件を決めたり金額を定めることになりますが、テストの成績よりも暗記などを目的とした方がいい結果に期待できるでしょう。

ただし、このやり方で全ての子供の成績が上がるわけではなく、むしろ下がるケースも確認されているので注意です。

実践するなら科学的根拠のある研究結果、あるいは論文に目を通し、同じような条件で効果を確かめることが必要となります。

しかしお金がモチベーションに影響するのは間違いないので、上手く活かせれば教育において有効でしょう。

 



アクシブアカデミーについて

アクシブblog予備校では参考書ルートなど、受験に役立つ情報を随時更新しています。

また、アクシブblog予備校を運営するアクシブアカデミーは東京大学が位置する本郷三丁目に本部を持ち、大学の受験情報や参考書の分析などを行い、塾生・受験生の皆さんのお力になれるよう日々尽力しています。

アクシブアカデミーに興味のある方はぜひこちらからお問い合わせください。

学習体質を身につける方法とは?

アクシブブログは、「スマホ体質を学習体質に。」をコンセプトに「たった2ヶ月で人生を変える塾」として 高校生・高卒生のみを対象にした大学受験専門の塾アクシブアカデミーが運営する大学受験メディアです。

【2ヶ月で人生を変えるアクシブアカデミーについての詳細はこちら】
・アクシブアカデミーってどのような塾なのか?
アクシブアカデミーはどんな予備校?
・オンラインでの個別指導で自宅でも通える
オンライン対応で高校生を救う!アクシブアカデミーの取り組み
・効率的な勉強方法を聞きたい
アクシブアカデミー無料受験相談を実施中!