勉強のやる気が出ない受験生・高校生へ やることを減らしてシンプルに考えるコツ

どうしても〇〇大学を受験したい!

それには数学と英語をまず勉強しなくちゃいけない!

だから今日はまず英単語と英熟語と二次関数とベクトルをやらなきゃいけない。そのためにターゲット1900と速読英塾をやった後に2つ小テストして国語の学校の復習もした後にチャートの問題を10個やって・・・やる気なくなった

そんな経験したことありませんか?

受験合格にはやることが山ほどありますし、高校生は勉強以外にも人間関係や部活のことを考えなきゃいけないことも多いと思います。

何をやらなければいけないか考えているだけで何だか勉強が辛くなってしまうことってありますよね。

今回はそんなことをなくすコツを、勉強のやる気が出ない受験生に向けてご紹介します。

勉強のやる気が出ない受験生・高校生へ やることを減らしてシンプルに考えるコツ

white ceramic mugどれだけ勉強できる様になるかは勉強の質と量で決まります。

しかし、勉強しながら

「他にやることが多すぎる」

「やる気が出ない」

なんてことを考えてしまうと、集中力が削がれてしまい、勉強の質が下がってしまうことになります。

ノーベル賞も受賞したダニエル・カーネマン氏の著書「ファスト&スロー」の中でも示唆されていますが、集中力には限りがあって、配分される様に使われます。

そのため、他のことは考えず目の前の勉強に集中することが一番大切なのはいうまでもありません。

そこで、今やることを一つに絞って勉強に集中できるようにするためにコツをご紹介します。

 

では、今この瞬間の勉強に最大限集中するには一体どうすればいいのでしょうか。

それには勉強中に考えてしまうことを排除することが一番大切です。

そのための方法をここでは2つ説明します。

目標設定をしっかりと行うことによってやるべきことを明確にする

勉強中に

「今、これをやるよりも成績をあげられるものがあるのかもしれない」

「あれもやらなきゃ」

そう考えてしまうこともあると思いますが、これは集中力を削いでしまいます。

これに対する対処法として、

今目の前の勉強に集中すれば目標の大学に合格できるといえるくらいにしっかりと考えられた計画

を考えましょう。

目標が細かく決まっていれば、今何の勉強のどれくらいのペースでやればどこの大学に合格できるかが明らかになりますから、悩む必要は無くなります。

目標の立て方については下の記事で詳しく触れていますのでぜひ参考にしていてくださいね。

受験勉強のやる気が出ない時は目標設定を再確認しよう

これまでに多くの人が大学受験を乗り越えてきたわけですから、何をどれくらい勉強することが合格への近道なのかはある程度明確になっています。

しかし自分一人でこのプランをしっかりと考えるのはなかなか難しいものです。

高校生・受験生の皆さんは初めて大学受験をする人が大半なわけですから、何をすれば受かるかどうか主観的に考えても、それが本当なのかどうかはよくわかりません。

さらに学校では生徒一人一人にかけられる時間はそれほど多くありませんし、細かなデータ分析など行われているわけではありませんから、信用できるかには疑問が残ってしまいます。

ネット上にも合格した人たちの情報がたくさん乗っていることでしょう。

しかし体系的にまとめられた情報はそれほど多いわけではありませんし、学習プランを立てる部分の時間を勉強に回した方が成績は上がりやすくなります。

つまり、より多くのデータを専門的に分析している人のアドバイスを受けて計画部分の時間を無くしてしまい勉強するのが近道ということです。

実際には自分で計画を立てる力や情報収拾の力はとても大切な部分ですので、学生の皆さんに自分でつけていってもらいたい能力ではあります。

しかし受験合格のみを優先するのであれば、この時間は無駄になってしまう可能性があるということです。

こうした時にぜひ利用していただきたいのがアクシブ などの予備校の情報です。

こういったところでは学生の一人一人の指導はもちろんですが、学生の実績を上げることが会社の収益につながります。

そのため、学生の皆さんがどうすれば大学に合格に合格できるのかを日々考えて分析いる人たちがたくさんいます。

また、それを分析するためのデータを集めが行われ、分析もされています。

「もっと信用できる情報が欲しい」

「どうしても自分で計画する時間がない」

そんな時に予備校の情報を受け取れるような環境を作るのはおすすめです。

今に集中するための時間管理術を利用して学習する

集中力を上げるためにはある程度時間を絞って勉強した方が集中力が続きやすいことが明らかになっています。

そのためにおすすめな時間管理術がポモドーロテクニックです。

こちらの記事で詳細はまとめていますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

知らないと損してしまう受験勉強方法!ポモドーロテクニックとは?

 

コラム:選択肢が多いと人は不幸になる話

clear glass jars on brown wooden table

 

「なんの科目から勉強するか」

「どんな会社を選ぶか」

「将来何をするのか」

日常の些細なことから大きなことまで、私たちは日々色々なことを選択していますよね。

ここで一つ質問ですが

選択肢が多い方が自由で幸せになれると思いますか?

実は、選択肢の多さは私たちに無力感を与え、結果的に幸福度が下がってしまうという研究結果があります。

選択する前

ある実験を紹介します。

コロンビア大学の実験です。

6種類のジャムを並べたテーブルと、24種類のジャムを並べたテーブルの2つを用意し、それぞれのテーブルでジャムの試食と販売を行うとどうなるか?

 

【結果】

6種類のジャムを並べたテーブル→試食に来た人数の30%の人がジャムを購入した

24種類のジャムを並べたテーブル→試食に来た人数の3%の人がジャムを購入した

これは選択のパラドックスといって、選択肢が多すぎると私たちは選ぶということをしなくなり、幸福度が下がることが明らかになっています。

私たちは選択肢が多すぎるとそれを複雑な問題と考えて、決断を先送りにしてしまうのです。

 

受験勉強に置き換えてみると、やった方が良いこと、やらなければいけないことをどんどん並べていったら、かなり多くのことがあるはずです。

英語だけでも単語・熟語・文法・英文解釈・長文があって、さらにそれぞれ2〜3冊の参考書や問題集をやる必要があるでしょう。

選択肢が多いからといって、この問題を先送りにしてしまうわけには行きませんよね。

上記で説明したように、この問題を解決するには

細かな目標設定と、時間管理術を使ってみてくださいね。

選択した後

3種類のゲームから1つを選ぶ時と、100種類のゲームアプリから1つを選ぶ時、どちらの方があなたの好みのゲームがあって、満足できると思いますか?

100種類の方が私たちを満足してくれそうですよね。

しかしスワースモア大学のバリー・シュワルツ氏によると、その考えは間違いです。

種類が多くなると、私たちは「より自分に適したものがある」と考えてしまいがちです。

この発想が、満足できないことにつながるのです。

3種類であれば全部をちゃんとみて選ぶこともできそうですが、100種類の時はどうでしょうか。

全部をきちんと理解して選ぶのは大変ですから、感覚的に選んでしまいそうですよね。

もし少しでも満足度に不満がある時、あなたはどう思いますか?

他のアプリだったらもっと満足できたかもしれないのに!

そう思ってしまいそうですよね。

これはつまり、種類が多くなると自分にぴったりのものがあるはずだと思い、期待してしまうということです。

期待だけが高くなってしまうと、中身は良くなっていたとしても、私たちは不満を感じてしまいます。

お年玉に例えてみます。

 

お年玉が1万円だと思っている時に1万2千円だったら嬉しくなります。

でも2万円だと思っていた時に1万5千円だったらどうでしょう?

 

残念に思ってしまいまいますよね。

1万2千円より金額は上昇しているにも関わらず、私たちは不満を感じます。

 

受験勉強の参考書選びでも同じように、たくさんの参考書がある中でどれか一つを選ぶことは難しいですし、他の参考書の方がわかりやすいかもしれないと考えてしまうわけです。

しかしそうすることで満足度を下げて、やる気を失ってしまうわけにはいきません。

受験勉強の際にはやると決めたら他の参考書のことは無視して今やっている参考書が最高のものだと考えて進んで行ったほうが、多くの場合得策と言うことになります。

 

まとめ

やるべきことを出来るだけ少なく考えた方がやる気が出やすい

やるべきことを絞るには細かな目標設定と時間管理術が有効

やると決めたら他のことは気にせず、とにかく目の前に集中すること!

 

 

 

 



アクシブアカデミーについて

アクシブblog予備校では参考書ルートなど、受験に役立つ情報を随時更新しています。

また、アクシブblog予備校を運営するアクシブアカデミーは東京大学が位置する本郷三丁目に本部を持ち、大学の受験情報や参考書の分析などを行い、塾生・受験生の皆さんのお力になれるよう日々尽力しています。

アクシブアカデミーに興味のある方はぜひこちらからお問い合わせください。

学習体質を身につける方法とは?

アクシブブログは、「スマホ体質を学習体質に。」をコンセプトに「たった2ヶ月で人生を変える塾」として 高校生・高卒生のみを対象にした大学受験専門の塾アクシブアカデミーが運営する大学受験メディアです。

【2ヶ月で人生を変えるアクシブアカデミーについての詳細はこちら】
・アクシブアカデミーってどのような塾なのか?
アクシブアカデミーはどんな予備校?
・オンラインでの個別指導で自宅でも通える
オンライン対応で高校生を救う!アクシブアカデミーの取り組み
・効率的な勉強方法を聞きたい
アクシブアカデミー無料受験相談を実施中!