【大学受験生必見】数学ⅠAの大学入学共通テスト試行調査とセンター試験の徹底比較

みなさんこんにちは。アクシブBlog予備校です。今回は数学ⅠA について解説していきます。看護科等の理系学部に進学したいと思う受験生も数学ⅠA を受験科目に使用する場合があります。また国公立大学志望の受験生は、文理問わず数ⅠAを使用する可能性があります。

 

今回は数ⅠAについて大学入学共通テストとセンター試験の違いについてまとめていきます。

 

大学入学共通テストの概要とセンター試験と共通テストの違い

では早速大学入学共通テストとセンター試験の数学ⅠAの問題等での違いについてご紹介していきましょう。違いは大きく分けて4つあります。

①大学入学共通テストの試行問題では日常生活と関連した問題が出題されました。

大学入学共通テストの試行調査の数学ⅠAの第1問では、「図形と計量」という問題で、学校の階段の建築基準法の資料を提示しながら、踏面の大きさの範囲を考察する問題が出題されました。

②大学入学共通テストの試行問題では正しい選択肢をすべて選ぶ問題が出題されました。

大学入学共通テストの試行調査の数学ⅠAの第1問では、「2次関数」で、不等式の問題が出題されました。不等式の解が0より大きい場合は、どの操作をしたときか、場合分けをしてそれぞれ選択肢からすべて選ばせる問題が出題されました。また、整数の性質では、3gと8g分銅を、他の質量の分銅との組み合わせで釣り合わない場合を「すべて」選ぶ問題もありました。

③対話形式の問題が出題されました。

データ分析の問題で、太郎と花子の対話の問題が出題されていたり、場合の数と確率の問題で、くじをひく確率についても太郎さんと花子さんが対話をしていたりします。対話形式の問題は他の科目の大学入学共通テストでも出されている新傾向なのかもしれません。

④問題文が長くなりました。

センター試験に比べ文章量が多いです。そのため、読解力を要する問題が多いです。

 

大学入学共通テストの数学ⅠA は記述問題が2020年度は一旦は白紙になっています。それでも、センター試験の問題に比べ傾向が変わっている部分がいくつもあります。以前に比べ、公式や用語の定義をしっかり理解しているかも出題しているような問題も出されています。

 

続いて大学入学共通テストの試行調査とセンター試験の平均点などの情報をお伝えします。

①大学入学共通テスト

  • 試験時間:70分(平成30年度試行調査参考)
  • 大問数: 4題
  • 満点:100点

 

センター試験に比べ、10分長い70分で受験します。大学入学共通テストの平成30年の平均点は26.61点でした。

 

②センター試験

  • 試験時間:60分
  • 大問数:4問
  • 満点:100点

 

2020年に行われた数学1Aの平均点は53点前後でした。

2020年度は数学の記述問題は一旦は見送られることになりました。しかし、数学ⅠAの試験時間はセンター試験に比べ、10分長い70分となっております。

【必見】共通テストの数学の記述式問題と導入延期について解説します!

 

大学入学共通テスト試行問題(2017年度版)の「数学1A」の試験分析

では早速大学入学共通テストの試行調査の数学1Aの解説をさせていただきます。

 

①第1問 2次関数・三角比

第1問は2次関数の問題と三角比の問題でした。計算等はセンター試験の問題に比べ少なくなりました。まずは2次関数の問題について解説していきます。

(1)の問題では、2次関数を平方完成する必要がありました。また各条件を整理しながら、a、b、cがそれぞれ正の数なのか負の数なのか吟味していく必要がありました。

  • 2次関数の形状が下に凸かどうか
  • 放物線の軸が負
  • y切片(y軸との交点のy座標)が正
  • 軸と2点で交わる

これらの条件を吟味しながら計算していく必要があります。

まず、グラフは下に凸なのでaは正になります。(aが負ならばグラフは上に凸のグラフになります。)

ーb/2aが2次関数の軸のX座標の値になりますが、式Aより0<aになりまして、両辺に2aをかけても符号の向きは変わりません。そのため符合も変わらないためbの値は負になります。

y切片がcの値であるが、y切片は正であるため、cは正となる。

またグラフはX軸と2点の交点を持つのです。そのため判別式Dを使いながら、計算するとDの値が正となるものは③です。そのため③が答えとなります。

(2)では、平行移動の問題です。実際に平行移動をしてみるとcの値だけ変化させると、グラフはy軸方向に移動することがわかります。2が答えとなります。

(3)では、実際に判別式Dを使ってみると、x軸上にあることがわかるため、ウは1が正解となります。

(4)では、図より、aが正の値、cが負の値であり、頂点が第4象限(関数の表でいうと右下のエリア)になります。この時bの値だけ変えるとy座標は0より小さいことがわかります。以上より、頂点のx座標は必ず負で、y座標は正にも負にもなるから、頂点は第2象限と第3象限を移動することもわかります。

以上が2次関数の問題でした。

続いて三角比の問題について解説していきます。

(1)は、A=60度の三角形ABCにおいて、余弦定理を用いると

4cos²B+4sin²C-4√3×cosB×sinC

という式ができあがります。B=90°とすると、C=30°だとわかり(もともとAが60°だとわかっているためです。)、cosBが0の時、sinCが1/2となり、Xの値は1とわかりました。そのため、オは0, カは3とわかりました。

(2)は、Bが13°だとわかると、Cは107°であり、sin(180-Θ)をするとsinΘとなる性質を利用して、sinCの値を導くことが出来ます。

sinC  = sin(180°-107°)=sin73°

となります。キは4とわかりました。クは2とわかりました。

(3)は、消去法で問題を解いていきましょう。選択肢で正しいのは3となり、ケは3となります。

(4)は、外接円の半径の求め方は、正弦定理を利用することを覚えていると解きやすいです。正弦定理を利用し、式変形を行うと

BC=2Rsin60°=√3R

となります。これらの指揮を使って変形すると、解答が導けるでしょう。すると、コは3、サは5、シは1となります。

(5)はBが鋭角の時、点Cから直線ABに線を引いたと仮定し、計算していきます。

なので、これに式D,式Eを代入すると

AB=Rsin⁡B+3Rcos⁡B

とあらわすことができます。

(6)はcosの値を使いながら計算していきます。

(7)は命題の問題です。必要条件・十分条件などを上手に使っていきましょう。

 

②第2問 最大・最小 データ分析

(1)は最大最小の問題でした。大学入学共通テストに代わり、実際の生活と数学が関連するような問題の出題が目立ちました。この問題はTシャツ1枚の価格と販売数について調査結果をもとにTシャツの1枚の価格をX軸上にかき、Y軸の販売数は、「その価格のときにTシャツが何枚売れるか」を書きました。すると累積人数をYとすることができ、1次関数とみなすことが出来ました。1次関数はy=ax+bを利用して計算します。

そのため、アの解答欄には、①を、イの解答欄には⑤で解答するとよさそうです。

(2)は、実際に使われている座標を用いて2次関数のグラフを書いてみるとよさそうです。2次関数のグラフを元に、平方完成したり、形状を理解するだけでどの値になると最大になるかわかります。この式が最大となるのは、Xが1300の時でした。

(3)は実際に利益についても(1)や(2)を使いながら考えていきましょう。

以上が最大最小の問題でした。続いて、データ分析の問題です。

(1)が観光客数と消費総額の関係や関連を考えてみましょう。これらには強い相関(関連しているということです)が見られるため、相関係数は0.83だと考えてみましょう。

※豆知識 相関の強さ相関係数の値 相関係数の強弱

相関係数の値 相関係数の強弱
1~0.7 強い正の相関
0.7~0.4 中程度の正の相関
0.4~0.2 弱い正の相関
0.2~-0.2 ほとんど関係がない
-0.2~-0.4 弱い負の相関
0.4~-0.7 中程度の負の相関
-0.7~-1 強い負の相関

相関についてこれらの知識も合わせて持っておくとよいかもしれません。

(2)は消費額の値段をXとおき、消費した総額をYとおくと、Y=aXの一次関数となる。この傾きが最大となる都道府県を選べば大丈夫です。

(3)は原点と結んだ時最大となる点を求めてください。

(4)は一つひとつ消去法で考えていきましょう。

以上が第2問の問題でした。

③第3問 確率

第3問は確率の問題でした。各地点における道路とそれぞれの確率について表にまとめました。こちら以下を参考に解説していきます。

地点 道路 確率
A地点 12/13
A地点 1/13
C地点 7/8
C地点 1/8
E地点 1/2
E地点 1/2

 

以上を参考に確率を考えていきます。

(1)を渋滞中の表示がない条件下では、A地点で①の道順を選択する確率は12/13の確率です。よってアは1、イは2、ウは1、エは3でした。

(2)はD地点に行く場合分けをする必要があります。AからCを経由してDに向かう経路とAからEを経由してDを通る経路の2つのパターンがあります。

「AからCを経由してDに向かう経路」では、12/13×7/8を計算するとこちらのルートを通る確率がわかります。

12/13×7/8 = 21/26

「AからEを経由してDを通る経路」では、1/13×1/2を計算するとこちらの確率を通るルートがわかります。

1/13×1/2       =    1/26

これらをたして 21/26+1/26の値が、22/26となります。

そのため、オは1、カは1、キは1、クは3となります。

(3)渋滞中の表示がない場合、Eを通過する確率について考えてみましょう。条件つき確率を使っていきます。

1/26 ÷ 11/13 = 1/22

となります。

(4)①の12/13の部分でのみ渋滞の表示がされる場合、①を選ぶ確率は12/13×2/3で8/13となります。④を選ぶ場合は、1-8/13=5/13となります。これらを利用してAから出発してDを経由してEにいく道のりを場合分けして考えていきましょう。

①AからCを経由してDへ進み、Bに行くときは 8/13×7/8×1=7/13となります。

②AからEを経由してDへと進み、Bに行く際は、5/13×1/2×1=5/26となります。

以上より、7/13+5/26をたして、19/26となります。

(5)は場合分けの問題です。いくつかのパターンで考えて、通過する台数を1000以下でかつ最大にする場合③があてはまります。

以上が確率の問題でした。

今回は第1問から第3問まで紹介させていただきました。

続いて2018年度の試行調査の数学ⅠAの解説に参ります。

 

センター試験と大学入学共通テスト試行問題のここが違う!共通テストを元に解説!

では、早速新たな傾向が表れた問題を抜粋し、説明していきたいと思います。

階段の傾斜と一段の高さの条件がすでに文章中で与えられています。そのため、基準を満たすための踏面の条件を不等式を用いて記述します。なおこの際、正答例で≦と<を区別して書かなければ正答とならないそうです。また33度の三角比を記載しなければ間違えとするそうです。

 

今までの三角比の問題は、三角比でも典型的な角度(30度、60度、45度など)の角度やそれに付随する角度を用いて計算する問題が多いように感じます。しかし、今回の大学入学共通テストの問題では、三角比の本質をつくような問題が出題されていました。

 

共通テストの数学ⅠAの問題を高得点を目指すために必要な対策方法

最後に大学入学共通テストの数学ⅠAの問題で高得点をとるために必要な対策方法をご紹介します。

①単に公式を覚えるだけでなく背景知識ももれなく理解する

共通テストの数学ⅠA・ⅡB共通の傾向ですが、数学的な部分で問われていることは、至って基本的ではありますが、現行のセンター試験よりやや本質的なところまで尋ねている印象をうけます。単に公式を丸暗記するのではなく、この公式はどのような場面で使えるのか?どう公式は導かれたのかなど深い理解が必要になります。

②長文を読解できるようになる。

共通テストの数学の問題は、単に問題を解くだけでなく文章中から必要な情報をピックアップする力も必要になってきます。どの情報を使って問題を解くのか、単に計算問題ばかりの対策だけでなく長い文章を読みながら解法を考えるトレーニングもしていきましょう!

 

③共通テストの問題になれる。

共通テストはセンター試験と打って変わったような問題も多くあると感じた人もいるかもしれません。そのため、実際に共通テストの問題と似せて行っている模試を受けたり、共通テストの対策テキスト等を使いながら慣れていく必要があります。

弊社でも模試について記事を作成しています。よければご覧ください。

【6/21最新】大学受験生必見の「共通テスト」の模試一覧

 

 

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます。今回は数1Aの大学入学共通テストやセンター試験について分析について簡単に説明させていただきました。

 

共通テストとセンター試験は傾向が違うため勉強法等も異なる可能性があります。私たちアクシブアカデミーでは、受験相談と称して勉強法や教材等のアドバイスもしております。何かお困りの事がありましたらご連絡ください。



アクシブアカデミーについて

アクシブblog予備校では参考書ルートなど、受験に役立つ情報を随時更新しています。

また、アクシブblog予備校を運営するアクシブアカデミーは東京大学が位置する本郷三丁目に本部を持ち、大学の受験情報や参考書の分析などを行い、塾生・受験生の皆さんのお力になれるよう日々尽力しています。

アクシブアカデミーに興味のある方はぜひこちらからお問い合わせください。

学習体質を身につける方法とは?

アクシブブログは、「スマホ体質を学習体質に。」をコンセプトに「たった2ヶ月で人生を変える塾」として 高校生・高卒生のみを対象にした大学受験専門の塾アクシブアカデミーが運営する大学受験メディアです。

【2ヶ月で人生を変えるアクシブアカデミーについての詳細はこちら】
・アクシブアカデミーってどのような塾なのか?
アクシブアカデミーはどんな予備校?
・オンラインでの個別指導で自宅でも通える
オンライン対応で高校生を救う!アクシブアカデミーの取り組み
・効率的な勉強方法を聞きたい
アクシブアカデミー無料受験相談を実施中!