【スタディサプリ】忙しい人でも入試漢文を攻略できる最後の砦

「学校の漢文の授業がわからない」

「句法は覚えたけど、実際どう使っていいのかわからない」

「漢字の意味が多すぎてどう見分けていいかわからない」

今回はそんな方におすすめな「スタディサプリ 高1・高2・高3 漢文 」について説明していきたいと思います。

スタディサプリ概要

スタディサプリは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが提供・運営している月額制のオンライン講座です。

わかりやすい授業の講義動画が無制限で気軽に見ることができます。

大学受験用にも国語・数学・英語・理科・社会。ほとんどすべての教科を網羅しています。

【スタディサプリトップ&ハイレベル漢文 特徴】

① 漢文の基礎を終えた人に向けて演習で理解を深める

② スピード感があり、無駄のない授業

③ 各チャプターが短く区切られている

スタディサプリの高1・高2・高3  漢文では、基礎的な部分から解説しているのに対し、トップ・ハイレベル漢文は、基礎を終えた人に向けて、演習形式での解説をしています。ところどころで復習を兼ねていますので、スタディサプリの高1・高2・高3  漢文を終えた人の演習として適切です。

【対応レベル】

受験生向けで、漢文の基礎をある程度身につけた人にまず見てほしい講座です。

到達レベルは、標準的な国公立入試レベルです。実際に合格するには、別の参考書で演習する必要はありますが、考え方や基本的な句法の説明はされています。

【どのような人におすすめか】

①漢文の基礎を終えたばかりの人

高校で漢文を習い始めのときは、全体像が見えず、何を覚えればいいか分からなかったり、週に1度程度しか授業がなく全く定着していないということがよくあります。

そんなふうに基礎を覚えたとしてもすぐに忘れてしまい、また覚える作業を繰り返さなければいけなくなります。

そんなときにスタディサプリは基礎を終えた後の演習としては適切の教材でしょう。

② 知識の応用の仕方がわからない人

一通り漢文を授業で習ったのだけれども内容に不安を感じたり、結局覚えた知識をどう活用していいかわからない人におすすめです。

スタディサプリのトップ&ハイレベル漢文では、演習形式で覚えた知識を活用していきます。わからない人目線でひとつひとつ丁寧に解説していくため、知識の応用の仕方がよくわかります。

漢文の知識の活用がわからず、点数に伸び悩んでいるのならば、スタディサプリの漢文を使用してみましょう。

③ 部活や学校行事で忙しい人

漢文の勉強をしたくても、部活や学校行事で忙しくてできないという人もいるでしょう。

そんな人もスタディサプリでは短く動画がわかれているため、寝る前やちょっとした隙間時間に勉強することができます。

高校が始まったばかりで忙しい時期だったり、他の教科で時間が足りない受験生も復習としてスキマ時間にみられるスタディサプリはおすすめです。

とくに漢文は、他の科目(例えば古文や現代文)との重要さを比較され、後回しにされることがよくあります。それでは、いつまでたっても漢文の成績は伸びません。

短い時間を有意義に使うために、スタディサプリを使用するのをおすすめします。

【おすすめの勉強法】

おすすめの勉強法は以下の通りです。

漢文の基礎から演習までを一つの動画で学習します。到達レベルは学校の教科書レベルですので、これを終えた後の学習が大切になります。

苦手を克服したり、基礎を復習したい人のための教材です。

〜勉強法詳細〜

  1. 予習で必ず問題を解く(50分) 予習する部分としなくていい部分があるので気をつける。
  2. 分からなかった部分や、疑問を持った部分はなど、解答の過程をテキストに書きこんでおく
  3. 映像授業を観て、疑問を解決していく。次々に解説していくので、もし納得いかない部分があれば、映像を一度止めたり、戻したりしてわかるまで次に進まないようにしましょう。
  4. 一通り、映像を見終わったら復習をしましょう。問題を解き直して、100点がとれるようになっているか確認しましょう。
  5. 問題も解けるようになったら復習問題を解きましょう。解説が詳しく書いてあるので、もしも解けなかった場合には解説をよみ、それでも納得のいかなかった場合には映像授業を見なおしましょう。

【所要時間】

1講義がおおよそ3〜4程度のチャプターに分かれており、総合で70分程度になっています。

1日に1講を見るとして、1日の中で50分予習+70分動画+60分復習の計3時間のサイクルがオススメです。

全部で、12講になっているので、総合で20〜24時間で修了することができます。

すべてが修了後に、5時間程度の復習をするとしても40時間前後で修了することができます。

 

【終了後のステップアップ教材】

 

漢文早覚え速答法 パワーアップ版(Gakken)

映像授業だけでは、まだ理解できたかよくわからないという人に句法を覚えるための参考書です。

スタディサプリの内容よりも更に詳しい内容になっているので、スタディサプリが終わった後の教材として適切です。

過去問

映像授業が終わった後は、過去問などでさらに演習を積み重ねましょう。

わからない部分があれば、スタディサプリのテキストを見返したり、映像授業をもう一度受けてみるといいでしょう。

漢文道場 入門から実践まで

映像授業が終われば、過去問などを解いても問題ありませんが、それでもまだ難しいという人は、演習の教材で学習することをおすすめします。

難易度は高いですが、映像授業を終えた後ならばそれなりに解くことが可能でしょう。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

スタディサプリ高3 トップ&ハイレベル漢文は、漢文の基礎学習を終えた人や、知識の応用の仕方がわからない人。それから、部活や習い事で忙しかったり、学校行事で時間がとれないという人にも短い動画で学習しやすいのでおすすめです。

勉強の仕方に関しては、まず予習をして疑問を書き出した後、講義を聞きながらテキストに書き込んでいきましょう。復習でもう一度解いてみてできるようになっているか確認しましょう。もしできていないようなら、映像授業をもう一度みるなどして対策しましょう。

復習問題も忘れずにすることで、必ず力がつくでしょう。修了後は、過去問に挑戦したり、それでも難しければ演習用の教材を解いてみるとよいでしょう。

スタディサプリの申し込みはこちらから↓↓↓
【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服



アクシブアカデミーについて

アクシブblog予備校では参考書ルートなど、受験に役立つ情報を随時更新しています。

また、アクシブblog予備校を運営するアクシブアカデミーは東京大学が位置する本郷三丁目に本部を持ち、大学の受験情報や参考書の分析などを行い、塾生・受験生の皆さんのお力になれるよう日々尽力しています。

アクシブアカデミーに興味のある方はぜひこちらからお問い合わせください。

学習体質を身につける方法とは?

アクシブブログは、「スマホ体質を学習体質に。」をコンセプトに「たった2ヶ月で人生を変える塾」として 高校生・高卒生のみを対象にした大学受験専門の塾アクシブアカデミーが運営する大学受験メディアです。

【2ヶ月で人生を変えるアクシブアカデミーについての詳細はこちら】
・アクシブアカデミーってどのような塾なのか?
アクシブアカデミーはどんな予備校?
・オンラインでの個別指導で自宅でも通える
オンライン対応で高校生を救う!アクシブアカデミーの取り組み
・効率的な勉強方法を聞きたい
アクシブアカデミー無料受験相談を実施中!