駿台予備校の共通テストに向けた取組みをわかりやすく解説!

「来年から共通テストに変わるけど、対策の仕方わからないから予備校探してみようかな」

「駿台なら共通テストの対策はどういう内容になってるんだろう」

本年度から、従来のセンター試験から大学入学共通テストへと形態が変わり、それに向けて各予備校も対応に追われているところでしょう。

今回は、大手予備校の1つ、「駿台予備校」の共通テストに向けた取組みを紹介したいと思います。

予備校選びに迷っている人、予備校の共通テスト対策の中身が気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください!

 

【おさらい】共通テストの基本情報

 

 

最初に、共通テストについておおまかに振り返っておきましょう。

まず、解答時間や配点などで大きく変更があったものを挙げると、数学Ⅰ・Aがセンター試験時の60分から70分に拡大、また英語はリスニングとリーディングの比率が、センター試験時の1:4から1:1に変更になりました。

加えていずれの科目でも、出題内容に変化が見られます。現代文では契約書などの実用的な文章が試行調査において出題され、地歴公民では資料読解の問題が頻出しました。そして全ての科目で、知識のみで正答できる問題は少なくなっており、文章に対する読解力、資料を用いた情報処理能力を問うような、思考力が試される問題がかなりのウエイトを占めると予測されます。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください(参照)。

また、2018年11月実施の試行調査についての、駿台予備校の講師陣の分析記事も公開されているので、一度目を通しておいてもいいでしょう(参照)。

 

現役生向けの共通テスト対策

駿台予備校の現役生向けのコースでは、共通テストに特化したコースや通年の講座はまだ設けられていないようです。

そのため科目の通常の講座の中で、一部共通テストの形式に沿った対策に触れることとなります。

 

国語では、「国語」「スーパー国語」「国公立国語」などの講座において、共通テスト対策が可能です。新傾向である実用的文章やグラフなどの図表に対し、正しく読解するための思考力を磨くことができます。

英語では、「英語A」「スーパー英語S」といった講座では、共通テストや民間試験に備えて4技能を意識した学習を受けることができるようです。

 

夏になれば、夏期講座を中心に共通テストに特化した講座が多数開かれると思われますので、日々情報をチェックしておきましょう。

 

高卒生向けの共通テスト対策

 

駿台予備校では、高卒生向けの講座において、共通テストへの対策が非常に分厚くとられているようです(参考)。

高卒生向けのコースでは通年で共通テストの対策授業を受けることができ、国公立向けのコースはもちろん、私立大の志望の生徒も必要教科で共通テスト対策を受けられます。

 

国公立志望のコースを中心に説明しますと、共通テスト対策は5教科全てで受けることができ、1週間の授業の中でそれら全ての対策授業が割り当てられています。

また平日の通常カリキュラムに加えて、土曜日を中心に、「共通テスト強化パワーアップセミナー」を受講することができ、前期はテスト演習と解説授業、後期は実戦テストで演習を繰り返します。

 

また英語では、共通テストから配点の半分を占めるリスニングの対策にも比重を置きます。

高卒クラスの入学生には、「英語リスニングドリル」が自習用に配布され、前期と後期で10回ずつ、充実したトレーニングでリスニング強化を図ります。加えて通常カリキュラムの「英語共通テスト対策」の授業内でも、定期的にテスト演習が実施されます。

 

駿台予備校主催 共通テストに沿った模擬試験

 

また駿台予備校では、センター試験時代から、塾生以外も受験可能な共通模試を実施しています。そして今年からは共通テストを想定した模試に生まれ変わり、昨年同様実施されます。今年の高3生の場合は、7/12(日)、9/13(日)、11/1(日)、12/13(日)に、共通テスト形式で開催予定です(参照)。

駿台予備校の模試では、共通テストの試行調査を踏まえての出題傾向を各科目の講師が分析し、入試本番を想定して作成されています。なので、ただ形式が同じ問題を解くということに留まらず、来年度の入試本番に出てきそうな出題内容、設問形式を経験することができます。

そしてその模試のデータは駿台予備校の講師陣の手元にに全て集まってくるので、実際に受験生がつまづきやすいポイントを見つけ出し、講師が授業の中で対策法をレクチャーしてくれます。駿台予備校の生徒にとっては、非常にうれしい仕組みになっていますね。

 

※現在コロナウィルスの影響で、模試が本当に会場で行われるのか不安な方もいるかもしれません。2020年、4月2日現在、駿台模試は現時点では通常通り実施する予定です。

しかし、コロナウイルスの今後の状況によっては、以下の模試は状況に応じて変更する可能性があります。

  • 駿台学力判定模試(5月3日実施基準日)
  • 第1回駿台全国模試(5月31日実施基準日)

以上、高3生・高卒生対象模試です。

  • 第1回高1駿台全国模試(6月14日実施基準日)
  • 第1回高2駿台全国模試(6月14日実施基準日)

 

参考:駿台模試 模試実施について(ご連絡)

まとめ

いかがでしたか?

駿台予備校は、高卒生を中心に通年で共通テストの対策を行っています。

また、駿台予備校主催の模擬試験を受けることで、実践に即した形式を経験できるだけでなく、駿台予備校なりの出題予測を知ることができるので、入塾しない場合でも受験生にとってはぜひ利用したい機会になっています。

なお共通テスト向けの講座が充実してくるのは夏以降と思われますので、各予備校のホームページをチェックしながら受験プランを立てていきましょう。

 



アクシブアカデミーについて

アクシブblog予備校では参考書ルートなど、受験に役立つ情報を随時更新しています。

また、アクシブblog予備校を運営するアクシブアカデミーは東京大学が位置する本郷三丁目に本部を持ち、大学の受験情報や参考書の分析などを行い、塾生・受験生の皆さんのお力になれるよう日々尽力しています。

アクシブアカデミーに興味のある方はぜひこちらからお問い合わせください。

学習体質を身につける方法とは?

アクシブブログは、「スマホ体質を学習体質に。」をコンセプトに「たった2ヶ月で人生を変える塾」として 高校生・高卒生のみを対象にした大学受験専門の塾アクシブアカデミーが運営する大学受験メディアです。

【2ヶ月で人生を変えるアクシブアカデミーについての詳細はこちら】
・アクシブアカデミーってどのような塾なのか?
アクシブアカデミーはどんな予備校?
・オンラインでの個別指導で自宅でも通える
オンライン対応で高校生を救う!アクシブアカデミーの取り組み
・効率的な勉強方法を聞きたい
アクシブアカデミー無料受験相談を実施中!