【東大生による参考書分析】英語参考書「スクランブル英文法・語法」編

こんにちは、アクシブblog予備校です。

アクシブ アカデミーの東大生による参考書分析シリーズ

今回は「スクランブル英文法・語法」をご紹介していきます。

この記事を読んでほしいのは

・英語の参考書で何を使えばいいのかわからない人

・「スクランブル英文法・語法」を持っているが適切な使い方がわからない人

になります。

【東大生による参考書分析】「スクランブル英文法・語法」編

スクランブル英文法・語法に取り組む際に前提となるレベル

日東駒専レベルになります

英文法の基本的なインプットを終えて、高校2年生ぐらいから取り組むことをアクシブでは想定しています。

到達できるレベル

早慶レベルになります。

しかし、文法以外にも単語などが入っていなければ実際に早慶の問題を解くことはできないので注意してください。

 

「スクランブル英文法・語法」アクシブアカデミーの東大生による分析

computer screen displaying 4.7k

アクシブアカデミーの東大生に「スクランブル英文法・語法」を分析してもらいました!

わかりやすさは 4.3

・理解する参考書というより覚える参考書

・動詞の語法はかなりの水準で網羅されていて、文法の基礎をつくることができる

・1問あたりの解説が要点を押さえて端的にまとまっている

・基本的な問題は分かりやすく原理から解説している

・難しい問題はニュアンスまで事細かに説明してくれている

・関連する表現や似ているが間違えやすい表現なども記載されているのが良い

という意見がが見られました。

 

レイアウトは3.3

プラスの面として

・見開きですべて完結しており、問題を解いたあとにすぐ解答・解説を確認できる

・コラムも含め覚えてほしい部分は赤字になっているため、シートを使うことができる

・その単元でのテーマや覚えておいてほしい表現のパワーアップなどは四角で囲ったり色を使ったりしてあり見やすい

・問題に頻出問題や基本問題などマークがついているのが良い。

マイナスの面として

・特に右ページの解説がぎちぎちに文章が書いてあって読みにくい

という意見が見られました。

 

演習量は3.3

・1,400問の問題で網羅的に演習することができる。

・網羅的に演習問題が載っているだけでなく、関連知識も多く掲載されているので、全て覚えれば完璧に近い

・同じ系列のスクランブルBasicは753題なのでほぼ2倍の量の演習が見込まれる

・幅広い問題形式もポイントで、語法や語彙、イディオム何をとってもこの1冊をやれば大丈夫

・同意語も豊富に記載されているのでいろいろな問題形式にも対応できる

という意見が見られました。

 

おすすめ度は4.0

プラスの面として

・ハイレベル英文法・革命理論編の復習から、入試問題の確認まで幅広く使える

・入試の頻出範囲に関する知識はほとんどすべてが載っているので、この参考書の内容をすべて覚えれば十分

・量が多いだけに力はつくし入試問題で出てくる文法事項でわからないことはなくなる

マイナスの面として

・本書は演習量がとても多く、復習ややり直しを含めるとかなりの時間を要するのに対し、共通テストでは文法問題が減る、もしくはなくなる可能性があるため、コストパフォーマンスが低い可能性がある

という意見が見られました。

 

スクランブル英文法・語法」の良いところ・おすすめしたい人は

・文法初学者

・知識が網羅的に載っているので、英語の文法を完璧にしたい人におすすめ

・PowerUpコラムというものがあり、知識を体系的に覚えられる構造になっている

・勉強時間に余裕があり、英語を得点源として入試を突破したい人

 

スクランブル英文法・語法」の悪いところ・おすすめしない人は

・人によっては必要のない知識まで網羅しているため、自分のレベルを考えてから選んで打法が良い

・レイアウトを重視する生徒はお勧めしない

・また英語を武器にしない生徒は他の科目の勉強に時間を回した方が良い

・アクセントなども載っている点は高評価だが、共通テストではそこまで必要ないかもしれない。

 

という意見が見られました。

 

 

 

 

「スクランブル英文法・語法」の進め方

Sunlight, Forest, Way, Path, Evening, Sunset, Twilight

意識してほしいポイント

次に、「スクランブル英文法・語法」の詳しいやり方です。

実際に取り組む際に意思kして欲しいポイントが3つあります

1、左ページでテストしてから、右側の解説を見ること

解説を見てから解くのではなく、解いてから解説を見る流れで進めるようにしてください。

2、一周目はまず理解することにフォーカスする

1周目から全部を覚えていくのは無理なので、まずは理解することにフォーカスするようにしましょう。

3、イディオムに入る前には英単語を覚えている状態で入ること

語彙力がない状態でイディオムに取り組むのは学習が非効率になってしまいがちなので、

 

具体的な流れ

1、まずは基礎的な英文法書を一冊終わらせる

2、左側の問題ページから取り組む

3、右側の解説ページを見て確認する

4、章を復習して完璧にしてから次の章に進んでいく

になります。

 

アクシブアカデミーでは毎日参考書を分析した記事を投稿しています。

他の参考書との比較や英語全体の参考書の進め方の解説も今後更新予定ですのでぜひチェックしてみてください。



アクシブアカデミーについて

アクシブblog予備校では参考書ルートなど、受験に役立つ情報を随時更新しています。

また、アクシブblog予備校を運営するアクシブアカデミーは東京大学が位置する本郷三丁目に本部を持ち、大学の受験情報や参考書の分析などを行い、塾生・受験生の皆さんのお力になれるよう日々尽力しています。

アクシブアカデミーに興味のある方はぜひこちらからお問い合わせください。

学習体質を身につける方法とは?

アクシブブログは、「スマホ体質を学習体質に。」をコンセプトに「たった2ヶ月で人生を変える塾」として 高校生・高卒生のみを対象にした大学受験専門の塾アクシブアカデミーが運営する大学受験メディアです。

【2ヶ月で人生を変えるアクシブアカデミーについての詳細はこちら】
・アクシブアカデミーってどのような塾なのか?
アクシブアカデミーはどんな予備校?
・オンラインでの個別指導で自宅でも通える
オンライン対応で高校生を救う!アクシブアカデミーの取り組み
・効率的な勉強方法を聞きたい
アクシブアカデミー無料受験相談を実施中!