関西大学受験生必見!共通テスト導入による入試の変更点を一挙公開【4/25更新】

こんにちはアクシブBlog予備校です。

 

今回は関西大学の入試情報についてご紹介します。共通テストが2021年から導入されます。

関西大学も共通テストを導入する2021年から入試方式等が変わるようです。

関西大学の2021年度の入試方式や配点ですが、

・記述式試験の導入

・英語外部試験の導入

を前提に発表された情報から変更されていることに注意しましょう。

 

この記事を読んで欲しい人は

・関西大学の入試体制がどう変わるのか知りたい人

になります

関西大学HPの情報をもとに入試変更点をわかりやすく解説していきます。

 

こちらもおススメ:【2021年】関西大学の一般入試情報まとめ!各学部の入試情報をチェック

【4/25更新】関西大学受験生必見!共通テスト導入による入試の変更点を一挙公開

assorted-title of books piled in the shelves

そもそもなぜセンター試験から共通テストに変わったのでしょうか。

これには私たち現代人に求められるスキルが変わってきていることが大きく関係しています。

ITやAIが台頭してきた現代ではただ覚えているだけではなく、覚えた知識をどう生かしていくのかがとても重要になっています。

また、世界と比べた日本の教育レベルも問題になっています。

中学校までの教育レベルは世界と比べても高いといわれていますが、高校・大学の成果を見てみると、相対的に低くなってしまいます。

こうした現状を踏まえて、大学入試制度改革が行われているのです。

こちらの記事ではなぜセンター試験が共通テストに代わったかを詳しく説明していますので是非参考にしてみてください。

 

 

2021年度入試からの関西大学の入試変更点

ここでは2020年1月に発表された情報をもとに入試情報を紹介していきます。

詳細な情報に関しては随時更新されていく予定のようです。

今年度の情報は6月中旬ごろに公開予定になっています。

共通テストの配点などに関してもまだ発表されていない情報も多くありますので、定期的にチェックするようにしておきましょう。

 

関西大学から発表されている情報

 

2021 年度「一般選抜」について(更新)

2021 年度「一般選抜」(現行の「一般入学試験」、「センター利用入学試験」)は、下記のとおりとします。ただし、「センター利用入学試験」は、2021 年度から「大学入学共通テスト」を利用する入試に変更となります。なお、本内容はこれまで公表していたものに追加・更新した内容であり、今後さらに詳細な取り扱いを決定次第、順次周知していきます。

1. 「一般選抜」について
2021 年度「一般選抜」は、2 月 1 日から 7 日までの 7 日間で実施します。

実施日 2月1日~3日 2月4日 2月5日~7日
実施方針 ・文学部、総合情報学部
社会安全学部は毎日実施
・理工系学部は期間中1日実施
・総合情報学部
・他学部の実施については検討中
・文学部、総合情報学部
社会安全学部は毎日実施
・理工学部は期間中2日実施

※ 上記には「大学入学共通テスト」併用型入試を含みます。詳細については決定次第、周知します。
※ 各学部の実施日については、今後変更になる可能性があります。
また、「大学入学共通テスト」を利用する入試(個別学力検査を課さない入試)につい
ては、現行(2020 年度入試の「センター前期」「センター後期」)と同様に行います。
なお、3 月に実施する入試としては、本学の個別学力検査で判定する入試(2020 年度度試の「後期日程」3 月 3 日・4 日実施)は行わず、「大学入学共通テスト」のみで判定する入試を行います。

2. 「一般選抜」の教科・科目、選抜方式について
2021 年度「一般選抜」は、現行(2020 年度入試)の「一般入学試験」および「センター利用入学試験」の教科・科目、選抜方式を踏襲することを基本とします。
具体的には、文系学部は「英語」「国語」「地理歴史、公民または数学」3 教科を課す方式を基本として、学部・実施日によっては 2 教科を課す方式を設定します。理工系学部は
「英語」「数学」「理科」の 3 教科を基本として個別学力検査の試験教科・科目を設定します。総合情報学部、社会安全学部は「英語」「国語」「数学」の中から 2 教科を課す方式(総
合情報学部の 3 教科から 2 教科を選択受験させる方式を含む)とともに、「英語」「国語」「地理歴史、公民または数学」の 3 教科を課す方式を実施します。

3. 英語外部試験の取り扱い
(1)本学の個別学力検査のみで判定する入学試験(現行の一般入学試験)での取り扱い「学部が定める英語外部試験の基準を満たした人に出願を認める方式」を法学部・文学部・経済学部・政策創造学部・人間健康学部・社会安全学部で実施します。また、外国語学部では「学部が定める英語外部試験の基準を満たした場合に『外国語』を満点とみなす方式」を実施します。
英語外部試験の各学部の定める基準を別表のとおり見直しました。また、2021 年度入学試験での英語外部試験のスコアについては、2019 年 1 月以降に受験したものを有効とします。
なお、英語外部試験を利用しない方式も従来どおり実施します。

(2)「大学入学共通テスト」を利用する入学試験(現行のセンター利用入学試験)での取り扱い
大学入学共通テストを利用する入学試験において、大学入試英語成績提供システムを利用すると公表しておりましたが、文部科学省において同システム導入を見送ることが決定されたことに伴い、既に公表していた同システムの利用は取り止めることになりました。
なお、現行と同様に、英語外部試験を利用しない方式を実施するとともに、一部の学部では、以下のとおり英語外部試験を利用します。システム理工学部では「学部が定める英語外部試験の基準を満たした人に出願を認める方式」を実施します。また、文学部において、新たに「学部が定める英語外部試験の基準を満たした人に出願を認め、共通テストの得点に、英語外部試験のスコア・グレードに応じた得点を加えて合否を判定する方式」を実施します。
英語外部試験の各学部の定める基準は別表のとおりです。また、2021 年度入学試験での英語外部試験のスコアについては、2019 年 1 月以降に受験したものを有効とします。

4. 調査書の取り扱い
2021 年度「一般選抜」では、調査書の記載内容を合否判定に活用することはしません。これまでと同様、出願資格の確認、入学後の学生指導や、次年度以降の入学試験制度の検討に利用します。

5. JAPAN e-Portfolio の取り扱い
2021 年度「一般選抜」では、JAPAN e-Portfolio のデータを選抜には利用しません。ただし、入学後の学生指導や、次年度以降の入学試験制度の検討に利用するために、任意でのデータ提供をお願いすることを計画しています。

6. 「大学入学共通テスト」の取り扱い
「一般選抜」の一部(現行の「センター利用入学試験」にあたるもの)において「大学入学共通テスト」の成績を利用することとし、現行の「センター利用入学試験」で実施する方式に準じて実施します。
なお、「大学入学共通テスト」の「国語」と「数学Ⅰ・数学A」は記述式問題の成績も合わせて利用すると公表しておりましたが、文部科学省において記述式問題の導入を見送ることが決定されたことに伴い、記述式問題の成績の利用は取り止めることになりました。
※ 今後、選抜方法の見直し等により変更が生じることがありますので、選抜方法の詳細は、2020 年 6 月に発行する「入試ガイド」等により確認してください。

引用元

 

英語外部試験の取り扱いについて

1. 本学の個別学力検査のみで判定する入学試験(現行の一般入学試験)での取り扱い

法学部、文学部、経済学部、政策創造学部、人間健康学部、社会安全学部では、以下の基準を満たした人に出願を認める方式を実施します。
英語外部試験の基準(CEFR B1 レベル以上)

Cambridge English B1 Preliminary以上を受験し、140点以上を取得した者
実用英語技能試験2級以上を受験し、CSEスコア1950点以上を取得した者(CBT、S-CBT、S-Interviewも対象)
GTEC(4技能)AdvancedまたはCBTを受験し、960点以上(OFFICIAL SCORE CERTIFICATEに限る)を取得した者
IELTS4.0以上(アカデミック・モジュールに限る)
TEAP(Readging/Lestening+Writing+Speaking)225点以上
TEAP CBT(4技能)420点以上
TOEFL iBT 42点以上
TOEIC Test 790点以上(L&R 550点以上、S&W240点以上)

※ 2022 年度「一般選抜」以降は、TOEIC&RTests を対象としません。

外国語学部では、以下の基準を満たした場合に「外国語」を満点とみなす方式を実施します。
英語外部試験の基準(CEFR B2 レベル以上)

Cambridge English B1 Preliminary以上を受験し、140点以上を取得した者
実用英語技能試験2級以上を受験し、CSEスコア1950点以上を取得した者(CBT、S-CBT、S-Interviewも対象)
GTEC(4技能)AdvancedまたはCBTを受験し、960点以上(OFFICIAL SCORE CERTIFICATEに限る)を取得した者
IELTS4.0以上(アカデミック・モジュールに限る)
TEAP(Readging/Lestening+Writing+Speaking)225点以上
TEAP CBT(4技能)420点以上
TOEFL iBT 42点以上
TOEIC Test 790点以上(L&R 550点以上、S&W240点以上)

※ 2022 年度「一般選抜」以降は、TOEIC&R
Tests を対象としません。
2.「大学入学共通テスト」を利用する入学試験(現行のセンター利用入学試験)での取り扱い
文学部では、以下の基準を満たした人に出願を認め、共通テストの得点に、英語外部試験のスコア・グレードに応じた得点を加えて合否を判定する方式を実施します。なお、加算する得点の詳細については、決定次第、周知します。
システム理工学部では、以下の基準を満たした人に出願を認める方式を実施します。
英語外部試験の基準(CEFR B1 レベル以上)

Cambridge English B1 Preliminary以上を受験し、140点以上を取得した者
実用英語技能試験2級以上を受験し、CSEスコア1950点以上を取得した者(CBT、S-CBT、S-Interviewも対象)
GTEC(4技能)AdvancedまたはCBTを受験し、960点以上(OFFICIAL SCORE CERTIFICATEに限る)を取得した者
IELTS4.0以上(アカデミック・モジュールに限る)
TEAP(Readging/Lestening+Writing+Speaking)225点以上
TEAP CBT(4技能)420点以上
TOEFL iBT 42点以上
TOEIC Test 790点以上(L&R 550点以上、S&W240点以上)

※ 2022 年度「一般選抜」以降は、TOEIC&R
Tests を対象としません。

まとめ

Books, Education, Wisdom, Knowledge, Literature

いかがだったでしょうか。

大学入試センターが発表している情報が変わっていくにつれて、大学もそれに対応して次々と新しい情報を掲載しています。

関西大学では6月中旬に情報を公開する予定のようです。

早く情報を手に入れてそれに合わせて対策を行っていくことは受験戦略上とても大切なことです。

2021年度の入試に関しては情報が修正されていることなども多くありますので、注意しながら情報収集を行うようにしてください。

 

また、アクシブblog予備校では

・現役東大生による参考書分析結果や具体的な進め方の説明

・共通テスト試行問題分析

・共通テスト導入による各大学の入試制度の変更点

などを解説した記事を毎日一本以上のペースで更新しています。

ぜひチェックしてみてください。

 

関西大学の共通テスト導入による入試変更点はこちら↓

関西大学受験生必見!共通テスト導入による入試の変更点を一挙公開【4/25更新】

関西学院大学の共通テストによる入試変更点はこちら↓

関西学院受験生必見!共通テスト導入による入試の変更点を一挙公開【4/25更新】

同志社大学の共通テストによる入試変更点はこちら↓

同志社大学受験生必見!共通テスト導入による入試の変更点を一挙公開【4/25更新】

立命館大学の共通テストによる入試変更点はこちら↓

立命館受験生必見!共通テスト導入による入試の変更点を一挙公開【4/25更新】

 



アクシブアカデミーについて

アクシブblog予備校では参考書ルートなど、受験に役立つ情報を随時更新しています。

また、アクシブblog予備校を運営するアクシブアカデミーは東京大学が位置する本郷三丁目に本部を持ち、大学の受験情報や参考書の分析などを行い、塾生・受験生の皆さんのお力になれるよう日々尽力しています。

アクシブアカデミーに興味のある方はぜひこちらからお問い合わせください。

学習体質を身につける方法とは?

アクシブブログは、「スマホ体質を学習体質に。」をコンセプトに「たった2ヶ月で人生を変える塾」として 高校生・高卒生のみを対象にした大学受験専門の塾アクシブアカデミーが運営する大学受験メディアです。

【2ヶ月で人生を変えるアクシブアカデミーについての詳細はこちら】
・アクシブアカデミーってどのような塾なのか?
アクシブアカデミーはどんな予備校?
・オンラインでの個別指導で自宅でも通える
オンライン対応で高校生を救う!アクシブアカデミーの取り組み
・効率的な勉強方法を聞きたい
アクシブアカデミー無料受験相談を実施中!