弘前大学受験生必見!共通テスト導入による入試の変更点を一挙公開【5/17更新】

こんにちはアクシブBlog予備校です。

 

今回は弘前大学の入試情報についてご紹介します。共通テストが2021年から導入されます。

弘前大学も共通テストを導入する2021年から入試方式等が変わるようです。

弘前大学の2021年度の入試方式や配点ですが、

・記述式試験の導入

・英語外部試験の導入

を前提に発表された情報から変更されていることに注意しましょう。

 

この記事を読んで欲しい人は

・弘前大学の入試体制がどう変わるのか知りたい人

になります

弘前大学HPの情報をもとに入試変更点をわかりやすく解説していきます。

 

【5/17更新】弘前大学受験生必見!共通テスト導入による入試の変更点を一挙公開

 

 

そもそもなぜセンター試験から共通テストに変わったのでしょうか。

これには私たち現代人に求められるスキルが変わってきていることが大きく関係しています。

ITやAIが台頭してきた現代ではただ覚えているだけではなく、覚えた知識をどう生かしていくのかがとても重要になっています。

また、世界と比べた日本の教育レベルも問題になっています。

中学校までの教育レベルは世界と比べても高いといわれていますが、高校・大学の成果を見てみると、相対的に低くなってしまいます。

こうした現状を踏まえて、大学入試制度改革が行われているのです。

こちらの記事ではなぜセンター試験が共通テストに代わったかを詳しく説明していますので是非参考にしてみてください。

なんでセンター試験は廃止なの?なくなる理由と私達の共通テストへの対策法

 

 

2021年度入試からの弘前大学の主な入試変更点

英語の配点はセンター試験から変わらず

センター試験と共通テストの配点比率は次のように変更されました。

試験名 リーディング リスニング
センター試験 200点 50点
大学入学入学共通テスト 100点 100点

 

しかし、共通テストの配点をどう利用するのかは各大学によって大きく異なっています。

岩手大学はこの配点を1:1にすると発表しました。

2020年から大きく変わることになりますので、必ずチェックしておくようにしましょう。

 

こちらが主要大学の配点比率になります。

大学名 リーディング:リスニング
北海道大学 1:1
東北大学 3:1
東京大学 7:3
名古屋大学 3:1
京都大学 3:1
大阪大学 3:1
九州大学 情報なし
一橋大学 1:1
東工大 1:1

 

また、国公立大学の英語の配点はこちらの記事でまとめていますので気になる方は参照してみてください。

【5/11日更新】国公立大学 共通テスト英語の配点一覧

 

募集人員の変化

総合型選抜の募集人員が337人から428人に大幅に増加しています。

 

調査書の評価

これまでAO入試でしか志望理由書の提出は求められていませんでしたが、2021年からは一般入試でも求められるようになります(教育学部は例外)。

これにより行動力や意欲を評価されることになります。

詳細な記載内容は募集要項で発表されます。


弘前大学から発表されている情報

令和元年12月19日発表の情報

令和3(2021)年度入学者選抜方法等の変更について(予告)【第4報】

令和3年度入学者選抜方法等の内容については,令和元年11月28日に第3報として予告していたところですが,12月17日に文部科学大臣から,令和3年度入学者選抜より導入予定であった大学入学共通テストにおける記述式問題の導入を見送るとの発表がありました。
これに伴い,令和3年度入学者選抜方法等の内容について,改めて第4報として公表します。第3報からの変更点は,大学入学共通テストにおける国語と数学の記述式問題の表記の削除のみであり,それ以外についての変更点はありません。
なお,今後変更があった場合は改めてお知らせします。

1.大学入学共通テスト

「一般選抜」,「総合型選抜Ⅱ(共通テストを課す選抜)」において,下記の取扱いとします。
外国語(英語)
(1) 共通テストの外国語科目については,全学部で英語のみとします。
(2) 英語の得点は,リーディング(100 点満点)とリスニング(100 点満点)の合計得点(200点満点)とします。
(3) リスニングを免除された場合は, リーディングの成績を 200 点満点に換算して利用します。

2.募集人員
総合型選抜の募集人員を 337 人から 428 人に拡充します。これにより,総合型選抜の募集割合は全体の 32.4%となります。各学部の内訳については,「令和3(2021)年度 入学者選抜方法及び実施教科・科目等(予告)」の1ページをご覧ください。

3.出願書類の評価
3-1.調査書の評価
新たに設けられる「備考欄(大学の希望により当該大学の学部等に対する能力・適正等について,特に高等学校長が推薦できる生徒についてはその旨記入することとされている欄)」については,本学では記載を求めないこととします。「備考欄」に記載された内容に関しては評価対象とはしませんので,記載の有無についても問いません。

3-2.志望理由書等(志願者本人が記載する書類)の評価
AO 入試では,これまでも志望理由書等の提出を求め,アドミッション・ポリシーで求める意欲や行動力を評価してきました。令和3年度入試では,一般選抜においても志望理由書の提出を求めることとしています(教育学部を除く)。面接を実施しない一般選抜においては,志願者本人が記載した内容に基づき,主として行動力や意欲を評価することになります。
志望理由書等に記載していただく内容については,選抜要項等で公表します。名称については,人文社会科学部の総合型選抜を除き,すべての学部において「志望理由書」に統一します。

3-3.出願書類の評価方法
出願書類の評価方法については下記のとおりとなります。段階評価の評価点数については,「令和3(2021)年度 入学者選抜方法及び実施教科・科目等(予告)」の5ページ以降をご覧ください。
(1) 一般選抜
・人文社会科学部,医学部保健学科,医学部心理支援科学科,理工学部,農学生命科学部:調査書と志望理由書を合わせて4段階評価し,点数化する。
・教育学部:調査書は面接試験の参考とする。
・医学部医学科:調査書及び志望理由書は面接試験の参考とする。
(2) 総合型選抜
・人文社会科学部:学習計画書は点数評価する。調査書は 4 段階評価し,点数化する。
・教育学部(音楽・美術・保健体育専修):調査書を4段階評価し,点数化する。保健体育専修では,スポーツ競技歴に関する資料を面接試験の参考とする。
・教育学部(音楽・美術・保健体育専修除く),医学部保健学科,理工学部,農学生命科学部:調査書と志望理由書を合わせて4段階評価し,点数化する。
・医学部医学科:調査書及び志望理由書は面接試験の参考とする。

4.一般選抜
4-1.個別学力検査の出題方針
一般選抜で実施する個別学力検査の出題教科・科目の範囲は,高等学校学習指導要領による教育課程に従って学ぶ教科・科目に対応させていますが,令和3年度入試からは,より論理的な思考を問うための記述式の設問を拡充する予定です。出題方針の具体的な内容については,選抜要項等で公表する予定です。
4-2.各学部等の個別学力検査等
(1) 教育学部
前期日程において,すべての課程で個別学力検査に加え,個人面接を課します。また,小学校コース,中学校コースの理科専修では理科の選択科目から地学を削除,養護教諭養成課程では物理及び地学を削除します。技術専修では理科から数学へ変更します。
(2) 医学部医学科
前期日程の個別学力検査では数学及び英語を課していましたが,これを廃止し,文章や資の読解,分析を含め総合的思考力を試す総合問題を課します。
(3) 医学部保健学科
看護学専攻,理学療法学専攻及び作業療法学専攻では,前期日程の個別学力検査に加え小論文を課します。個別学力検査は,数学又は英語から1科目選択となります。
(4) 理工学部
前期日程・後期日程において,理科を課す全ての学科で物理,化学の2科目から1科目選択に統一します。
(5) 農学生命科学部
前期日程において,理科を課す全ての学科で化学,生物の2科目から1科目選択に統一します。後期日程においては,個別学力検査に替えて小論文を課します。各学部の詳細については,「令和3(2021)年度 入学者選抜方法及び実施教科・科目等(予告)」の5ページ以降をご覧ください。
4-3.第 2 志望選抜の廃止
一般入試において,一部の学部で実施してきた第 2 志望選抜については,令和3年度入試では廃止することとしました。

5.総合型選抜Ⅰ
5-1.共通テストの受験について
本学では,これまで AO 入試Ⅰの合格者に対して,センター試験の任意受験を推奨してきたところであり,導入以来,センター試験の任意受験者は全ての学部において概ね 100%となっています。大学入学までの修学意欲の向上という趣旨に鑑み,令和 3 年度以降の総合型選抜Ⅰの合格者に対しては,共通テストの受験を必須とします。ただし,これまでどおり,共通テストの成績が合否に影響することはありません

6.総合型選抜Ⅱ
6-1.教育学部
(1) 学校教育教員養成課程 初等中等教育専攻 小学校コースの AO 入試Ⅱでは,これまで大学入試センター試験の成績について,最終合格者を決定する際の目安として取り扱ってきましたが,令和3年度の総合型選抜Ⅱでは,大学入学共通テストと個別学力検査等の総合点で合否判定を行います。
(2) 学校教育教員養成課程 特別支援教育専攻 及び 養護教諭養成課程では,これまで AO 入試Ⅰを実施していましたが,令和3年度入試からは大学入学共通テストを課す総合型選抜Ⅱへ移行します。

6-2.医学部医学科
(1) 医学部医学科 AO 入試Ⅱでは,これまで2段階選抜を行ってきましたが,これを取りやめることとしました。令和3年度の総合型選抜Ⅱでは,①個人面接,②ケーススタディの自学自習,③ワークショップにより実施し,2日間の日程で試験を行います。
(2) 医学部医学科 AO 入試Ⅱでは,これまで大学入試センター試験については「資格試験」と位置づけしてきましたが,令和3年度の総合型選抜Ⅱでは,大学入学共通テストと個別学力検査等の総合点で合否判定を行います。
6-3.医学部保健学科
医学部保健学科 AO 入試Ⅱでは,これまで高等学校等の卒業見込者のみを出願要件としてきましたが,令和3年度の総合型選抜Ⅱでは,卒業後5年まで出願できることとします。

6-4.農学生命科学部
分子生命科学科で課している共通テストの科目について,英語を選択科目から必須科目とし,生物学科と統一します。教科・科目数の変更はありません。

7.社会人入試
理工学部では,令和3年度入試から学部における社会人入試を実施しないこととしました。社会人教育としては,大学院博士前期課程,大学院博士後期課程において,今後とも,より高度な理工学分野の教育を提供してまいります。

8.私費外国人留学生入試
私費外国人留学生入試では,これまで「日本留学試験」の成績と本学が課す学力検査等により総合判定してきましたが,令和3年度入試から,日本語能力の基準として「日本語能力試験」の成績が N2 以上であることを出願要件に加えることとしました。

引用元

 

まとめ

man staring at white sky taken at daytime

 

いかがだったでしょうか。

大学入試センターが発表している情報が変わっていくにつれて、弘前大学もそれに対応して次々と新しい情報を掲載しています。

今年度はセンター試験が共通テストに変更されるだけでなく、コロナウイルスの影響のあり、各大学で情報が変更されていくことも予想されます。

そうした中で早く情報を手に入れてそれに合わせて対策を行っていくことは受験戦略上とても大切なことです。

2021年度の入試に関しては情報が修正されていることなども多くありますので、注意しながら情報収集を行うようにしてください。

 

また、アクシブblog予備校では

・現役東大生による参考書分析結果や具体的な進め方の説明

・共通テスト試行問題分析

・共通テスト導入による各大学の入試制度の変更点

などを解説した記事を毎日一本以上のペースで更新しています。

ぜひチェックしてみてください。

 



アクシブアカデミーについて

アクシブblog予備校では参考書ルートなど、受験に役立つ情報を随時更新しています。

また、アクシブblog予備校を運営するアクシブアカデミーは東京大学が位置する本郷三丁目に本部を持ち、大学の受験情報や参考書の分析などを行い、塾生・受験生の皆さんのお力になれるよう日々尽力しています。

アクシブアカデミーに興味のある方はぜひこちらからお問い合わせください。

学習体質を身につける方法とは?

アクシブブログは、「スマホ体質を学習体質に。」をコンセプトに「たった2ヶ月で人生を変える塾」として 高校生・高卒生のみを対象にした大学受験専門の塾アクシブアカデミーが運営する大学受験メディアです。

【2ヶ月で人生を変えるアクシブアカデミーについての詳細はこちら】
・アクシブアカデミーってどのような塾なのか?
アクシブアカデミーはどんな予備校?
・オンラインでの個別指導で自宅でも通える
オンライン対応で高校生を救う!アクシブアカデミーの取り組み
・効率的な勉強方法を聞きたい
アクシブアカデミー無料受験相談を実施中!