【早慶上智受験生必見】英語民間試験が使える学部徹底解説

こんにちは!アクシブblog予備校です。

今回は早慶上智の受験生必見!英語民間試験が使える学部学科を徹底解説します。

大学入学共通テストで英語民間試験が導入延期となりましたが、実際に英語の勉強になるからと英語民間試験を受けている受験生もいるかもしれません。

そんな受験生に、受験や受験外で使える英語民間試験についてご紹介します。

この記事を読むことで

  • 早慶上智の大学で英語民間試験が利用できる受験の実態等が知れること
  • 大学受験以外でも英語民間試験の使い方がわかること

ができます。

英語民間試験を受験する方受験する方にはぜひ読んでほしい記事です。

 

英語民間試験についてと英語民間試験の利用方法

では早速英語民間試験について、英語民間試験の利用方法について解説していきます。

英語民間試験活用とは、大学入学共通テストで、英語4技能(読む・書く・聞く・話す)を測りたいと考えられていたことから、活用が決定した方式です。スピーキングやライティングを一斉に試験をするのは難しいために、「英検等の外部試験を活用しよう」というコンセプトからうまれました。「ケンブリッジ英語検定」「英検」「GTEC」「IELTS」「TEAP」「TEAP CBT」「TOEFL iBT」の7種類が英語民間試験として、共通テスト等でスコアとしてりようできる予定でした。ですが、共通テストでは、様々な理由から共通テストでの英語の民間試験の導入は見送り(一旦は白紙に戻す)との報道がありました。

詳しくはこちらをご覧ください。

さて、英語民間試験ですが活用法の一例として以下がありますのでよかったら見てみてください。

民間試験活用方法① 推薦入試やAO入試などで利用する

大学入試において、推薦入試やAO入試(今後文言は「AO入試」は「総合型選抜」という名称に、「推薦入試」は「学校推薦型選抜」に変わります。)でも、頑張った証として民間試験は活用できる可能性があります。

 

弊社でも推薦入試等についての記事も執筆しています。よければご覧ください。

参考:推薦入試希望者が、読んであっという間にわかる共通テスト導入による3つの変化

 

民間試験活用方法② 活用する予定の大学を受験する

一部の国公立大学では、民間試験を活用するケースがあると言われています。例えば、出願資格として民間試験を活用したり、英語の試験を免除しみなし満点とする大学などもあります。また私立大学でも同じく一部の大学で活用するケースがあります。

 

あなたが受けた民間試験が受験で使える!|厳選国公立大学7選

※国公立大学の一部では外部試験活用できるようでした!

 

大学受験生必見|CEFR(セファール)と外部試験が大学入試での活用法

※弊社でも、早稲田大学、上智大学で外部試験の活用例を記事の後半で記載しております。良ければご覧ください。

 

民間試験活用方法③ 大学に入学してから活用する

受験が終わってからも民間試験は活用できるケースがあります。例えば、英検等である一定の級を持っていると単位変換されたり(単位を習得したとみなす)、留学をする際の足切りに民間試験が利用できる可能性があります。またアルバイト等をする際にも民間試験でのスコアが高いことでバイトが決まりやすいケース等もあるかもしれません。

 

いかがでしたか?続いて英語民間試験を早慶上智の受験で活用できるか紹介していきます。

 

【早慶上智の受験生必見】英語民間試験の活用法

それでは早慶上智の入試に英語民間試験がどのように導入されているか解説していきます。

①早稲田大学

早稲田大学では英語民間試験を導入します。商学部、文化構想学部、文化部、国際教養学部では英語4技能テストを導入します。上智大学のようにCEFRを利用するというよりは、各学部ごとにそれぞれ使用する外部試験が決められていて、各学部ごとに条件が異なります。

①商学部

一般入試の一部において、英語④技能テスト利用型入試を導入します。学部にて、定めるスコアを満たすもののみが出願可能です。出願条件は英検準1級、またはTOEFL-iBT72点以上です。また、英検1級であるか、TOEFL-iBTの得点が95点以上だと5点加点されます。ただし、この入試方式は、商学部の一般入試の「地歴・公民型」と「数学型」の併用はできません。

参考:2021年度 商学部 一般入試改革 

②文化構想部

2020年度の募集要項や入試要項は出ていないのですが、2019年度の入試でも外部試験を利用していたそうです。早稲田大学の一般入試のうち、英語4技能テスト利用型という入試です。大学からすでに挙げられている英語4技能テストのうちから1つを選択し、各得点において基準を満たしている場合出願可能となるのです。

 

③文学部

文学部も文化構想部同様、2020年度の募集要項や入試要項は出ていないのですが、2019年度の入試でも外部試験を利用していたそうです。早稲田大学の一般入試のうち、英語4技能テスト利用型という入試です。

④国際教養学部

国際教養学部では一般試験で英語4技能テストの結果を出すことで各級や各試験の得点によって素点に加算されます。

 

参考:早稲田大学

弊社でも早稲田大学の入試情報についてまとめています。よければこちらをご覧ください。

 

②慶応大学

強気の対応をするのが慶応義塾大学です。大学入試改革による変更を全く行いません。大学入学共通テストと英語民間試験について利用しないことを明言しているため、英語民間試験は一般受験では利用されない予定です。

 

③上智大学

上智大学でも英語民間試験を利用する入試形態もあります。上智大学ではTEAPスコア利用型(全学統一日程入試)、学部学科試験・共通テスト併用型、共通テスト利用型の3方式で入試を実施するのですが、TEAPスコア利用型と学部学科試験・共通テスト併用型の入試で英語民間試験を利用していきます。詳しくは以下の表をご覧ください。

なお英語民間試験の利用については上智大学のホームページに載っておりましたのでこちらも合わせて記載します。

<TEAPまたはTEAP CBTの外部検定試験結果を利用可能>
■ TEAPスコア利用型(全学統一日程入試)
⇒(必須提出)本学独自の英語試験は行わず、代替としてTEAPまたはTEAP CBTのスコアを英語の得点として利用します。
提出されたスコアは、各学科が設定する英語の配点に応じて換算して合否判定に利用します。

<下記CEFR対照表に掲載されている英語・ドイツ語・フランス語の外部検定試験結果を利用可能>
■ 学部学科試験・共通テスト併用型
⇒(任意提出)任意で提出したCEFRレベルA2以上の外国語外部検定試験結果は、CEFRレベルごとに得点化し、大学入学共通テストの外国語の得点に加点します。ただし、加点後の得点は、大学入学共通テストの外国語の満点を上限とします。

■ 共通テスト利用型
⇒(基本的に不要)提出は基本的に不要ですが、CEFRレベルB2以上の外国語外部検定試験結果を提出した場合、大学入学共通テストの外国語において、みなし得点として利用可能です。合否判定には、大学入学共通テストの外国語の得点とみなし得点のいずれか高得点を採用します。

*学部学科試験・共通テスト併用型、共通テスト利用型の両方式ともに、大学入学共通テストの外国語科目の選択言語と提出する外部検定試験結果は同一言語のみ有効です。
ただし、文学部英文学科、外国語学部英語学科の選択言語は英語のみとし、ドイツ語・フランス語の外部検定試験結果は利用できません。
*CEFRレベル別の加点数・みなし得点の詳細は、各方式のページをご確認ください。

参考:上智大学2021年一般入試について

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は早慶上智の大学で英語民間試験を使用できる学部学科を紹介させていただきました。2020年度は共通テストで英語の民間試験を導入はされないものの、各大学では民間試験を積極的に活用している大学もあり、一般入試でもいくつかの大学で利用しています。ぜひ参考にしてみて下さい。



アクシブアカデミーについて

アクシブblog予備校では参考書ルートなど、受験に役立つ情報を随時更新しています。

また、アクシブblog予備校を運営するアクシブアカデミーは東京大学が位置する本郷三丁目に本部を持ち、大学の受験情報や参考書の分析などを行い、塾生・受験生の皆さんのお力になれるよう日々尽力しています。

アクシブアカデミーに興味のある方はぜひこちらからお問い合わせください。

学習体質を身につける方法とは?

アクシブブログは、「スマホ体質を学習体質に。」をコンセプトに「たった2ヶ月で人生を変える塾」として 高校生・高卒生のみを対象にした大学受験専門の塾アクシブアカデミーが運営する大学受験メディアです。

【2ヶ月で人生を変えるアクシブアカデミーについての詳細はこちら】
・アクシブアカデミーってどのような塾なのか?
アクシブアカデミーはどんな予備校?
・オンラインでの個別指導で自宅でも通える
オンライン対応で高校生を救う!アクシブアカデミーの取り組み
・効率的な勉強方法を聞きたい
アクシブアカデミー無料受験相談を実施中!