【理系の受験生必見】2次試験で数Ⅲなしで受験できる国公立大学11選

こんにちは。アクシブblog予備校です。

今回は理系の学部であるが、数Ⅲなしで受験できる国公立大学について紹介していきます。

理系受験生の中には数Ⅲを苦手とする受験生も多くいるかもしれません。しかし大学を選べば、数Ⅲなしで国公立大学を受験することが可能です。教育学部や農学部、生命科学系の学部の一部では数Ⅲをなしで受験できる国公立大学もあります。

今回は理系受験生にむけて、数Ⅲをなしで受験したい受験生に向けて、数Ⅲなしの大学や学部についてご紹介していきます。

こちらもおススメ:理系でも数学Ⅲが必要ない!!ゲーム関連の仕事を目指せる大学!!Part1

こちらもおススメ:理系でも数学Ⅲが必要ない!!ゲーム関連の仕事を目指せる大学!!Part2

 

数Ⅲが必要ない国公立大学|2次試験が数学ⅠAⅡBまでの数学のみの大学

では早速数Ⅲが必要ない国公立大学についてご紹介します。まず最初は、2次試験で数学が受験科目であるが、数Ⅲを必要としないケースです。

①弘前大学 農学生命科学部 地域環境工学科 前期日程

まずは弘前大学の農学生命科学部の地域環境工学科で数学は受験科目であるが、数Ⅲを必要としない受験方式を採用しています。弘前大学では数Bの範囲は数列とベクトルを範囲としています。使用科目については以下の表のとおりです。

共通テストの得点率は52%程度がボーダーラインです。2次試験で必要な偏差値のボーダーラインは 47.5です。募集定員は前期日程では15名です。

参考:弘前大学 募集要項 暫定版

参考:河合塾Kei-Net 弘前大学

 

②岩手大学 農学部 植物生命科学学科・応用生物化学学科・ 森林科学学科・ 食料-農村地域デザイン学科・食産業システム  食料-水産システム学科 ・動物科学学科 前期日程

続いて岩手大学の農学部の各学科についてです。共同獣医学科以外の学部では2次試験では数Ⅲを必要とせず、かつ2次試験科目は1科目で受験することが出来ます。(この場合理科科目か数学科目か受験科目を選ぶことが出来ます。)

募集定員として、植物生命科学科は前期日程で28人の募集があります。応用生命化学科は27人の募集があります。森林科学科は18人の募集があります。食料-農村地域デザイン・食産業システム学科は26人の募集があります。食料-水産システム学科では10人の募集があります。動物科学科では18人の募集があります。

使用科目については以下の表を参照してください。

農学部では共通テストの得点率のボーダーラインは55~57%がボーダーラインとなっています。2次試験で必要な偏差値のボーダーラインは47.5から52.5くらいです。農学部の中でも動物科学科のみ偏差値や共通テストのボーダーラインが高く、共通テストの得点率のボーダーラインは64%偏差値のボーダーラインは 57.5となっています。

参考:岩手大学 募集要項(昨年度の募集要項のため参考としてご覧ください。)

参考:河合塾Kei-Net 岩手大学

 

③山形大学 農学部 食料生命環境学科 前期日程

山形大学の農学部食料生命環境学科でも数学Ⅲを使わない国公立大学です。前期日程で95人募集があります。使用科目については以下の表をご覧ください。

山形大学農学部では、共通テストのボーダーラインは54%で2次試験での偏差値のボーダーラインは45です。

参考:山形大学 募集要項(昨年度の募集要項のため参考程度にしてください。)

参考:河合塾Kei-Net 山形大学

 

④埼玉大学 教育学部 学校教育養成課程 小学生コース 理系 中学生コース 自然科学専修 数学分野 前期日程

埼玉大学の教育学部でも数Ⅲなしで受験できるコースがあります。教育学部なので厳密には理系の学部ではないと感じる受験生もいるかもしれませんが、理系の受験科目で受けることが出来る学部です。

教育学部学校教育養成課程 小学生コース 理系での募集定員は38人、共通テストのボーダーラインは64%、2次・個別学力試験での偏差値のボーダーラインは52.5となっています。使用科目については以下の表をご覧ください。

教育学部中学生コース 自然科学専修 数学分野では、募集定員は10人、共通テストのボーダーラインは67%、2次試験での偏差値のボーダーラインは52.5となっています。

参考:埼玉大学 募集要項(昨年度の募集要項のため参考程度にしてください。)

参考:Kei-Net 埼玉大学

 

⑤富山大学 人間発達学部 人間環境システム(理系)学科 前期日程

富山大学の人間発達学部でも数Ⅲを使わないが理系方式で受験できる受験方式があります。募集定員は20人、共通テストの得点率のボーダーラインは57%で2次試験での偏差値のボーダーラインは47.5です。

参考:富山大学 募集要項

参考:Kei-Net 富山大学

 

⑥静岡文化芸術大学 デザイン学部 デザイン(数学)学科 前期日程

静岡文化芸術大学にも数Ⅲを使用しない受験方式があります。募集定員は40人で、共通テストの得点率のボーダーラインは65%、2次試験での偏差値のボーダーラインは55となっています。使用科目については以下の表をご覧ください。

参考:静岡文化芸術大学 募集要項(昨年度の募集要項のため参考としてみてください。)

参考:Kei-Net 静岡文化芸術大学

 

⑦鳥取大学 農学部 生命環境農学科 前期日程

鳥取大学でも数学Ⅲを使わないものの、受験できる入試形態をとっています。募集定員は110人とかなり多いです。共通テストのボーダーラインは57%、2次試験科目の偏差値のボーダーラインは50となっています。使用科目については以下の表をご覧ください。

参考:鳥取大学 募集要項(昨年度の募集要項のため参考程度にご覧ください。)

参考:Kei-Net 鳥取大学

 

⑧公立鳥取環境大学 環境学部 環境A方式 環境B方式 前期日程

公立鳥取環境大学でも数Ⅲを使わない試験方式があります。募集定員はA方式で60人、B方式で10人です。鳥取県 にある大学でセンター試験のボーダーラインは57.5~61.0で2次試験の偏差値のボーダーラインは 50.5です。

参考:公立鳥取環境大学 募集要項(昨年度の募集要項のため参考程度にしてください。)

参考:進路指導ドットネット 公立鳥取環境大学

⑨島根大学 生物資源学部 農林生産学科・環境共生科学科 前期日程

島根大学の生物資源科学部では数Ⅲを必要としない受験方式もあります。農林生産学科では募集定員は38人、共通テストの得点率のボーダーラインは53% 2次試験の偏差値のボーダーラインは50.0です。使用科目については以下の表をご覧ください。

続いて、環境共生科学科では募集定員は43人です。共通テストの得点率のボーダーラインは53% 2次試験の偏差値のボーダーラインは47.5です。使用科目については以下の表をご覧ください。

参考:島根大学 募集要項(昨年度の募集要項のため参考程度にしてください。)

参考:Kei-Net 島根大学

 

⑩山口大学 教育学部 学校教育教員養成課程 小学校教育コース 教育学専修・心理学専修 学校教育教員養成課程 教科教育コース 技術教育選修 家政教育選修 農学部 生物資源環境科学科 農学部 生物機能科学科

山口大学では教育学部と農学部で数Ⅲを必要としない受験方式がある学科もあります。教育学部の教育学コースでは募集定員は10人、心理学コースでは10人、技術コースでは6人、家政コースでは6人となっています。教育学部教育学コースの共通テストのボーダーラインは58 2次試験のボーダーラインの偏差値は52.5です。心理学コースは共通テストのボーダーラインは 60 2次試験のボーダーラインは50.0になります。学校-技術の共通テストのボーダーラインは54で2次試験のボーダーラインは47.5になります。学校-家政での共通テストのボーダーラインは 58 パーセントで2次試験のボーダーラインの偏差値はは45.0になります。

続いて農学部では生物資源環境科学科では33人の募集定員があります。共通テストのボーダーラインは54、2次試験のボーダーラインは47.5です。生物機能科学は31人の募集定員があります。共通テストのボーダーラインは56%、2次試験の偏差値のボーダーラインは50です。

参考:山口大学 募集要項

参考:Kei-Net 山口大学

 

⑪宮崎大学 農学部 植物生産環境科学科・森林緑地環境科学科・応用生物科学科・海洋生物環境科・畜産草地科学科 前期日程

最後に宮崎大学の農学部の各学科です。こちらの大学の前期日程で農学部でも数Ⅲを使わない入試方式があります。募集定員は以下の表をご覧ください。農学部の定員数は以下の通りです。植物生産環境科学科は28人の定員です。森林緑地環境科学科は31人です。応用生物科学科は34人です。海洋生物環境科は18人です。畜産草地科学科は34人です。

続いて、農学部等の募集要項については以下です。2次試験での使用科目についても以下になっております。

どの学科であっても、数学がたとえ受験科目であっても数Ⅲは必要ないようです。

参考:宮崎大学 募集要項

 

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は数Ⅲを必要としない受験方式をとっている国公立大学についてご紹介しました。

 



アクシブアカデミーについて

アクシブblog予備校では参考書ルートなど、受験に役立つ情報を随時更新しています。

また、アクシブblog予備校を運営するアクシブアカデミーは東京大学が位置する本郷三丁目に本部を持ち、大学の受験情報や参考書の分析などを行い、塾生・受験生の皆さんのお力になれるよう日々尽力しています。

アクシブアカデミーに興味のある方はぜひこちらからお問い合わせください。

学習体質を身につける方法とは?

アクシブブログは、「スマホ体質を学習体質に。」をコンセプトに「たった2ヶ月で人生を変える塾」として 高校生・高卒生のみを対象にした大学受験専門の塾アクシブアカデミーが運営する大学受験メディアです。

【2ヶ月で人生を変えるアクシブアカデミーについての詳細はこちら】
・アクシブアカデミーってどのような塾なのか?
アクシブアカデミーはどんな予備校?
・オンラインでの個別指導で自宅でも通える
オンライン対応で高校生を救う!アクシブアカデミーの取り組み
・効率的な勉強方法を聞きたい
アクシブアカデミー無料受験相談を実施中!