MARCH受験生必見!合格を目指すための英語スピーキングの参考書ルート

MARCH受験生必見!合格を目指すための英語スピーキングの参考書ルート

MARCHが第一志望で英語のスピーキングの対策をしなければいけないけれど、適切な勉強方法がわからない。

MARCH向けの英語のスピーキングの参考書を調べても多すぎてどれが自分に合っているものかわからなくて困った。

そんな悩みを抱えている高校生・浪人生のみなさんのために、この記事ではMARCH合格のための英語のスピーキングの参考書ルートを紹介していきます。

  • どのレベルの時にどの英語のスピーキングの参考書を使えばいいのか
  • その参考書を終えたらどれくらいのレベルに到達することができるのか

この記事ではゼロからMARCH合格までに必要な英語のスピーキングの参考書を紹介していきます。

おすすめ英語の参考書ルート スピーキング編

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

基本データ

前提として取り組んでほしい参考書 「英語耳」※リスニングの記事で解説しています。
終了後に取り組んでほしい参考書 ビジネスで1番よく使う英会話

ページ数 205
目安時間 15h
対象 スピーキングの練習を始めるすべての生徒

特徴

中学 1 年から中学 3 年レベルの短くて簡単な日本語を素早く英語に直してスピーキングする作業を繰り返すことによって、スピーキングのトレーニングを行う参考書となっています。

使い方と注意点

『英語耳』を数回こな してから本書に取り組むようにしましょいう。

CDのポーズ中に声に出すことが大切です。

『英語耳』と同様、本書も数回繰り返し学習してほしい参考書です。

ビジネスで一番よく使う英会話

基本データ

前提として取り組んでほしい参考書 どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

終了後に取り組んでほしい参考書 4コマ漫画で攻略!英語スピーキング

ページ数 351
目安時間 25h
対象 英語の会話文に慣れていな い生徒・リスニング対策をし たことがない生徒

特徴

会話文においてよく使われる表現やキーフレーズがまとまっている参考書です。

TOEIC、TOEFL、GTEC、英検など日常会話が出題されるどの試験でも使えるため汎用性は高いといえます。

使い方と注意点

フレーズとその日本語訳が 書いてあるので暗記し、その後に音声を聴きながらフレーズを使った例文を読んでいきましょう。

最後にそのフレーズ解説を読んで関連・予備知識をつけていくようにしましょう。

フレーズ練習でよく使われる表現を例文で勉強 し、その後ダイアログ練習で勉強したフレーズを使った会話文を音声で聴きながら勉強していきましょう。

取り組み時間を多く要するため、完璧に暗記しようとすると時間がかかります。

まずは慣れてもらうことが 大事なため、音声を聴きながら参考書を読んで「慣らしていく」ことが重要です。

4コマ漫画で攻略! 英語スピーキング

基本データ

前提として取り組んでほしい参考書 ビジネスで1番よく使う英会話

終了後に取り組んでほしい参考書 英検準1級スピーキング大特訓

ページ数 435
目安時間 45h
対象 イラスト説明問題の対策をしたい生徒

特徴

英検2級・準1級の3・4コマ漫画の説明問題が掲載されている参考書です。

TOEFLのイラストの説明問題の対策に向いています。

単語レベルは英検準2級・2級程度。単語・文法の基本が身についていれば使用できます。

Step2の模範解答例が難しくなく、受験者が難なく本試験で発揮できるレベルとなっています。

Step4・5では、よく使う日常表現や単語がまとまっていて使い勝手がよい参考書です。

使い方と注意点

Step1では4コマ漫画のイラストをみ て、ヒントとして与えられているキーワードを用いながら英語でそのイラストを説明しています。

次に Step2 の模範解答の英語スクリプト・Step3 の日本語訳を確認しながら、音声を聞いていくようにしましょう。

その後、 Step4で重要単語・熟語の確認、Step5で頻出な例文を確認しましょう。

最後にStep6で穴あき英語で定着を確認していきましょう。

これを繰り返し行うことが重要です。

模範解答例は全て1人称視点であるため、英検など3人称視点 で説明する試験を受験する際には過去問等で補う必要があります。

Step6は難易度高めなので100%できる必要はありません。

大学受験対策 はじめてでも1発合格! 英検準1級スピーキング大特訓

基本データ

前提として取り組んでほしい参考書 4コマ漫画で攻略!英語スピーキング

終了後に取り組んでほしい参考書 図解で攻略!英語スピーキング

ページ数 264
目安時間 45h
対象 英検準1級の面接対策をしたい生徒

特徴

「模範解答」というよりは、英語力があまりない生徒がもっている知識で「合格するための解答例」が載っており、最低限答えなければならないポイントが簡潔にまとめられている参考書です。

音声データも付属 しているため、基本的にはシャドーイングをしながら勉強をしていきましょう。

第1章は英語のスピーキングでの面接の際の入退出の流れ・配点・よく出題される問題・よく使う表現がまとまっています。

第2章「短文練習」では、日常 生活からビジネスまで幅広い状況においてよく使う表現がUnit1~20にまとまっています。

使い方と注意点

第2章は左ページの日本語訳のみをみて英訳できるか試みてみましょう。

この時、ヒントを参照しても良いです。

その後、 右ページの解答を照らし合わせながら音声を聴いて勉強していきます。

第3章「模擬テスト」では、実際の英検準1級のスピーキングの問題が12題収録されており、音声を聴きながら、本番の想定で問題 を練習していきましょう。

あくまでも合格見本例は合格するための最低限の解答を提示しているため、満点解答ではないので注意が必要です。

CD付 図式で攻略英語スピーキング

基本データ

前提として取り組んでほしい参考書 英検準1級スピーキング大特訓

ページ数 360
目安時間 40h
対象 スピーキングに限らず、英語 で論理的に意見を述べるの が苦手な生徒

特徴

英検2級~1級、TOEFLの社会問題について自分の見解を述べる際の設問の対策に向いている参考書です。

賛成、反対意見の両方の模範解答が書かれていて、論理展開の作り方がしっかりしています。

この著書で 紹介されている「コンセプトマップ」の考え方は、ライティング(エッセイ)にも必要な考え方であるため、ライティング対策にもなります。

特にダイアローグ編はリスニング対策にもなります。

Words and phrasesでは重要単語・表現がまとまっていてよいです。

Tipsにはよく利用するキーフレーズがまとまっています。

使い方と注意点

スピーチ編では問われているテーマについての「背景知識とヒント」を用いてスピ ーチの土台となるコンセプトマップを作成し、スピーチにチャレンジしましょう。

その後賛成・反対意見の模範例を CD で聴き、ディクテーションすることで復習しましょう。

ダイアローグ編ではスピーチ編同様に 「背景知識とヒント」を用いましょう。その後自分の意見をまとめた後、CDを聞きそれについてのダイアローグを聴きます。

ダイアローグ編の使用方法が明確ではないのが難点です。

模範解答例が満点解答のた め、受験生がその解答例を実際に面接で実施するのは難しいと言えます。

他科目のおすすめ参考書ルート

アクシブblog予備校では大学受験に必要なすべての科目のおすすめ参考書ルートを公開しています。

また、参考書ルートだけでなく、各記事では大学の難易度別に必要な対策も解説しています。

是非参考にしてみてください。

【大学受験】あなたにぴったりの参考書はこれ!全科目参考書ルートまとめ

英語ならこちら!

これでゼロから早慶まで!おすすめ英単語・熟語・構文の参考書ルート

これでゼロから早慶まで!おすすめ英文法の参考書ルート

これでゼロから早慶まで!おすすめ英文解釈・和訳の参考書ルート

これでゼロから早慶まで!おすすめ英語長文読解の参考書ルート

これでゼロから早慶まで!おすすめ英語リスニングの参考書ルート

これでゼロから早慶まで!おすすめ英語ライティングの参考書ルート

 



アクシブアカデミーについて

アクシブblog予備校では参考書ルートなど、受験に役立つ情報を随時更新しています。

また、アクシブblog予備校を運営するアクシブアカデミーは東京大学が位置する本郷三丁目に本部を持ち、大学の受験情報や参考書の分析などを行い、塾生・受験生の皆さんのお力になれるよう日々尽力しています。

アクシブアカデミーに興味のある方はぜひこちらからお問い合わせください。

学習体質を身につける方法とは?

アクシブブログは、「スマホ体質を学習体質に。」をコンセプトに「たった2ヶ月で人生を変える塾」として 高校生・高卒生のみを対象にした大学受験専門の塾アクシブアカデミーが運営する大学受験メディアです。

【2ヶ月で人生を変えるアクシブアカデミーについての詳細はこちら】
・アクシブアカデミーってどのような塾なのか?
アクシブアカデミーはどんな予備校?
・オンラインでの個別指導で自宅でも通える
オンライン対応で高校生を救う!アクシブアカデミーの取り組み
・効率的な勉強方法を聞きたい
アクシブアカデミー無料受験相談を実施中!