【大学受験】おすすめの理論化学の参考書一覧

みなさんこんにちは。アクシブblog予備校です。

参考書はたくさんありすぎて自分にあったレベルのものがわからない。

そんな悩みを抱えていませんか?

この記事ではアクシブアカデミーでおすすめしている理論化学の参考書を紹介していきます。

前提知識がない状態から早慶まで狙えるようになるまでのルート形式で紹介していきます。時間に余裕がある人はできるだけ難しい参考書にも取り組んで難関大学を目指していけるように頑張りましょう!

まずは自分のレベルがどれくらいなのか把握して、自分に合った参考書を選ぶことを意識してみてください。

そうすることで勉強の効率が上昇して、志望校合格への近道になります。

理論化学の特徴と勉強方法

参考書を紹介する前にまずは理論化学の特徴と勉強方法を紹介します。

暗記だけでなく計算も重要

理論化学は暗記量が多いだけでなく、計算を踏まえて答えを出すことも重要になります。

計算問題に関しては演習も積極席に行い、問題に触れながら習得していきましょう。

学習長期計画の立て方

①理解本→②問題集→③過去問の流れで進めていきましょう。

公式の正確な理解や演習量を積むことによって問題に正答する力をつけていきましょう。

無機分野は、暗記することが一番重要です。

学習短期計画の立て方

理解本の時間は少し長めに見積もるようにしましょう。

教科書・参考書を眺めるだけではなく、自分の手を動かして実際に化学式が書けるか確認しながら進めるとより効率よく定着させることができます。。

問題集に入ってからも、抜けている知識があればその都度理解本で確認しながら進めて、しっかり定着させることを意識するようにしましょう。

日頃の問題演習でも計算過程の効率を意識しながら進めていくようにしましょう。

式が合っていたら計算が間違っていても大丈夫、という考え方では通用しません。

短期集中でも点数をとることはできる

英語・国語・数学に比べて理科・社会は短期集中の対策でも点数をとることができるというのはよく言われることですね。

理論化学も例外ではなく、短期集中でも点数をとることは可能な分野になっています。

まずは志望校の配点や他の科目とのバランスも考えながらいつから取り組んでいくのかを決めるようにしましょう。

理論化学の対策におすすめの参考書一覧

【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学 理論化学

基本データ

前提レベル なし
到達レベル 日東駒専門・産近甲龍レベル
終了後におすすめの参考書 リード Light ノート化学基礎」・「リード Light ノート化学

ページ数 理論化学 392
目安時間 理論化学 30h
対象

化学を初めて学習する生 徒や苦手意識を持っている生徒

特徴

見開きの左ページが説明文で右ページがイラストという構成になっているため、化学的事象をイメージしやすい説明が細かく、つまずきやすいポイントを丁寧に解説しているので初学者であってもすんなりと理解できる参考書です。

使い方と注意点

右ページのイラストを確認しながら、左ページの説明文を読み込んでいきましょう。

各単元の「ココをお さえよう!」に書かれている内容をきちんと理解してから次の単元に進むようにしましょう。

岡野の化学が初歩からしっかり身につく 理論化学

基本データ

 

前提レベル 高校基礎レベル
到達レベル 日東駒専門・産近甲龍レベル
終了後におすすめの参考書 リード Light ノート化学基礎」・「リード Light ノート化学

ページ数  288
目安時間 25h
対象 基本的な問題の理解を目標にする生徒・化学に馴染みはないが苦手ではない生徒

特徴

化学の基礎的な概念が丁寧に説明されています

計算方法や暗記系の語呂合わせも充実しており、非常に有用です。

また文字が大きく絵や図が豊富なので視覚的にも捉えやすくなっています。

暗記事項が整理してあるので簡単に復習できます。

『化学図録』などを併用し、写真で具体的なビジュアルを確認していくことでハイレベルな内容も理解しやすくなります。

使い方と注意点

まず地の文を読むことで理解し、図はそのまま覚えましょう。

次に、暗記事項のまとめに書いてあることを暗記する。演習問題も解説の隅々まで確認しましょう。

時間がない生徒は、問題演習から入り、解けなかった範囲のみ復習するようにしましょう。

理論化学の最重点照井式解法カード

基本データ

前提レベル 高校基礎レベル
到達レベル 早慶レベル
終了後に進めの参考書 リード Light ノート化学基礎」・「リード Light ノート化学

ページ数 440
目安時間 60h
対象 1度理解した化学の知識を整理したい生徒

特徴

各単元の要点をまとめた巻末冊子の「解法カード」が本書の最大の特徴です。

学習した直後の知識の整理としても繰り返しの復習としても非常に使いやすく、覚えるべきことがまとまっていて網羅性が高い参考書です。

本文は先生と生徒による対話形式になっており、レイアウトもカラーが豊富で取り組みやすくなっています。

使い方と注意点

まずは本文を読み、学習内容の骨格をつかむ。その後に「解法カード」を眺めてみて理解できていれば次の単元に進み、疑問点があればもう 1 度本文に戻って丁寧に読み込んでいくようにしましょう。

復習にも「解法カード」を使用し、効率的に知識を定着させよう。例題が少ないため『照井式問題集』シリーズを併用しましょう

照井式問題集 理論化学 計算問題の解き方

基本データ

前提レベル 高校基礎レベル
到達レベル 早慶レベル
終了後に進めの参考書 リード Light ノート化学基礎」・「リード Light ノート化学

ページ数 272
目安時間 40h
対象 理解本として『照井式』シリーズを使用する生徒

特徴

問題文の情報を整理して使うべき知識を吟味する段階が詳しく説明されており、問題を解く手順とそれに必要な考え方が分かりやすくまとまっています。

また、無機化学には「化学反応式チェックブック」、有機化学には「知識の整理カード」という問題を解くうえで必要となる知識のまとめがついており、非常に便利です。

使い方と注意点

各パートの初めにある導入部分(先生と生徒の対話形式の文章+重要事項や解法のまとめ)にしっかり目を通し、問題を解いていきましょう。

間違った問題については解説を読み込む他、『照井式』シリーズに戻って知識を確認するなどして解法をただ暗記するのではなく根拠を持って解けるようにしましょう。

 

大学受験 Do シリーズ 鎌田の理論化学の講義

基本データ

前提レベル 大東亜帝国・摂神追桃レベル
到達レベル 早慶レベル
終了後におすすめの参考書 「2020 実戦 化学重要問題集 化学基礎・化学 A 問題」

ページ数 328
目安時間 70h
対象 難関大の二次試験で化学を受験する生徒・化学で高得点を狙う生徒

特徴

教科書よりもやや踏み込んだ内容まで扱っています。

入試の基本問題も充実しており、ある程度化学を理解している生徒が基礎を確認しつつ難易度の高い問題を解きはじめる段階で取り組むのにふさわしい参考書です

巻末に「入試で使える最重要 Point 総整理」がついており、付属の赤シートで隠しながら要点を確認することができます。

使い方と注意点

重要部分のまとめや入試問題を解くためのコツ、吹き出しで書かれている本文の補足説明に至るまで全て飛ばさずに読みましょう。

本文とともに「入試で使える最重要 Point 総整理」の関連するページを確認しながら読み進めていきましょう。

リード Light ノート化学基礎、リード Light ノート化学

基本データ

前提レベル 高校基礎レベル
前提レベル達成におすすめの参考書 宇宙一わかりやすい高校化学」シリーズ

岡野の化学が初歩からしっかり身につく」シリーズ

照井式解法カード」シリーズ

照井式問題集」シリーズ

到達レベル 日東駒専・産近甲龍レベル
ページ数 リード Light ノート化学基礎 112

リード Light ノート化学 192

目安時間 リード Light ノート化学基礎  35h

リード Light ノート化学   85h

対象 リード Light ノート化学基礎  演習量が不足している生徒

リード Light ノート化学  アウトプットして確認したい生徒・または理解本と並行して進めたい生徒

特徴

●リード Light ノート化学基礎

最大の特徴は化学基礎の範囲を網羅していることにある。本書は問題演習からセンター試験レベルの実践的な問題まで扱っている。リード A は説明・要点整理のパートとなっており、重要事項が表や図を駆使していてすっきりまとめられています。

●リード Light ノート化学

高校化学初学者が理解本を読んだ後、および学校で 1 度習った後、基礎の確認をするための最初の問題集に適している。基礎知識や概念の理解度のチェックから定期テスト対策、センター試験の過去問演習の前のレベルまで対応しています

使い方と注意点

●リード Light ノート化学基礎

自分が苦手な範囲のみに絞ったり、重要な問題を扱った例題のみを解いたりする勉強方法がオススメです。

●リード Light ノート化学

②リード A~C+まで無理なくステップアップできる構成になっており、理解本を読んだ後に同じ単元をリード C まで解くと良いです。

2020 年度用 セミナー化学基礎+化学

 

基本データ

前提レベル 高校基礎レベル
到達レベル MARCH・関関同立レベル
終了後におすすめの参考書 2020 実戦 化学重要問題集 化学基礎・化学 A 問題

ページ数 360
目安時間 145h
対象 アウトプットして確認したい生徒・または理解本と並行して進めたい生徒

特徴

高校化学初学者が理解本を読んだ後、および学校で 1 度習った後、基礎の確認をするための最初の問題集に適しています。

基礎知識や概念の理解度のチェックから、定期テスト対策、センター試験の過去問演習の前のレベルまで対応しています。

基礎の確認の分量が少なく、より難しいレベルまでの問題まで収録されている点が『リード Light ノート化学』と異なります。

使い方と注意点

基本問題までの問題を繰り返し解いてマスターし、それから発展例題以降に進む。分からない点は理解本に戻って確認するようにしましょう。

2020 実戦 化学重要問題集 化学基礎・化学

基本データ

前提レベル 2020 実戦 化学重要問題集 化学基礎・化学 A 問題  日東駒専・産近甲龍レベル

2020 実戦 化学重要問題集 化学基礎・化学 B 問題と総合問題  MARCH・関関同立レベル

前提レベル達成におすすめの参考書 講義」シリーズ

リードLight」シリーズ

「2020 年度用 セミナー化学基礎+化学」

到達レベル 2020 実戦 化学重要問題集 化学基礎・化学 A 問題  MARCH・関関同立レベル

2020 実戦 化学重要問題集 化学基礎・化学 B 問題と総合問題  早慶レベル

終了後におすすめの参考書 化学の新研究

ページ数 159
目安時間 2020 実戦 化学重要問題集 化学基礎・化学 A 問題  85h

2020 実戦 化学重要問題集 化学基礎・化学 B 問題と総合問題 70h

対象 基礎が固まっている生徒

特徴

理解本と問題集で基礎を固めてから取り組みましょう。

入試問題を解くために必要な力を養うことのできる問題を集めた実践的な問題集です

問題のパターンが豊富で、A 問題をマスターすることで難関大学以外の大学入試問題に対応できるようになります。

使い方と注意点

A 問題は「必」や「準」などの印に関係なく、穴の無いように全問解きましょう

旧帝大以上、早慶以上の上位大学を志望する場合は B 問題も解きましょう

問題を解いた後は、忘れていた知識、知らなかった解法を今まで学んだ理解本や教科書で確認してから進むのがおすすめです。

理系大学受験 化学の新演習―化学基礎収録

基本データ

前提レベル 早慶レベル
前提レベル達成におすすめの参考書 2020 実戦 化学重要問題集 化学基礎・化学 B 問題と総合問題

到達レベル 早慶レベル
ページ数 194
目安時間 35h
対象 東大・京大レベルを目指し、演習量を追加したい生徒

特徴

これができたら大学入試化学は無敵です

多くは過去問をアレンジして作られた問題で、化学の問題集の中で最もレベルが高い部類の 1 冊となっています。

使い方と注意点

『重問化学』を終わらせた生徒で、かつ過去問も解き切ってしまい、さらにハイレベルな演習問題が欲しい場合に使用しましょう

★と★★レベルの問題に関しては『重問化学』でカバーされているため、★★★の問題だけを、過去問演習が足りない生徒のみ解くようにするのがおすすめです。

本書よりも過去問演習を優先して行う方が志望校への最短ルートとしては望ましいです。

視覚でとらえるフォトサイエンス 化学図録

基本データ

ページ数 280
対象 化学基礎・化学を学ぶ全生 徒

特徴

高校化学で学習する全ての事柄について図や写真をふんだんに使ってまとめている資料集。化学の勉強をするときには必ず横に置いておいてほしい必携本となっています

受験で問われる化学反応式の全ては資料 集のどこかに必ず載っていると言ってよいです。

視覚的に化学の現象を捉えることができるので、ビジュアルで頭に入れたいという生徒には特にオススメです。

使い方と注意点

問題演習をしていてよく分からない言葉や事象に 出会ったら本書の出番です。

分からない単語や化学式などがあれば巻末の索引ですぐに調べましょう。

索引は項目別にもなっていて非常に充実しているので自分のわからないことが何ページに書いてあるのかがすぐ に見つけられるはずです。

教科書や参考書に比べると文章は簡潔に書かれている部分が多いので、まずは理解本で知識の土台を作り、それを定着させるためのツールとして活用するのが望ましいです。

サイエンスビュー化学総合資料 四訂版

基本データ

ページ数 350
対象 化学基礎・化学を学ぶ全生 徒

特徴

高校化学で学習する全ての事柄について図や写真をふんだんに使ってまとめている資料集。化学の勉強をするときには必ず横に置いておいてほしい必携本

受験で問われる化学反応式の全ては資料 集のどこかに必ず載っていると言ってよいです。

視覚的に化学の現象を捉えることができるので、ビジュアルで頭に入れたいという生徒には特にオススメです。

使い方と注意点

問題演習をしていてよく分からない言葉や事象に 出会ったら本書の出番です。

分からない単語や化学式などがあれば巻末の索引ですぐに調べましょう。

索引は項目別にもなっていて非常に充実しているので自分のわからないことが何ページに書いてあるのかがすぐ に見つけられるはずです。

教科書や参考書に比べると文章は簡潔に書かれている部分が多いので、まずは理解本で知識の土台を作り、それを定着させるためのツールとして活用するのが望ましいです。



アクシブアカデミーについて

アクシブblog予備校では参考書ルートなど、受験に役立つ情報を随時更新しています。

また、アクシブblog予備校を運営するアクシブアカデミーは東京大学が位置する本郷三丁目に本部を持ち、大学の受験情報や参考書の分析などを行い、塾生・受験生の皆さんのお力になれるよう日々尽力しています。

アクシブアカデミーに興味のある方はぜひこちらからお問い合わせください。

学習体質を身につける方法とは?

アクシブブログは、「スマホ体質を学習体質に。」をコンセプトに「たった2ヶ月で人生を変える塾」として 高校生・高卒生のみを対象にした大学受験専門の塾アクシブアカデミーが運営する大学受験メディアです。

【2ヶ月で人生を変えるアクシブアカデミーについての詳細はこちら】
・アクシブアカデミーってどのような塾なのか?
アクシブアカデミーはどんな予備校?
・オンラインでの個別指導で自宅でも通える
オンライン対応で高校生を救う!アクシブアカデミーの取り組み
・効率的な勉強方法を聞きたい
アクシブアカデミー無料受験相談を実施中!