【古文】スタディプラスでみる!参考書ランキング

こんにちは。アクシブブログ予備校です。

古文の参考書にはたくさんの種類があり、毎年新しいものも発売されています。

そんな状況の中で、

  • みんなが使ってるのはどの参考書?
  • 自分が使っている参考書で大丈夫かな?

 

そんな風に考えたことがある受験生は多いのではないでしょうか。

この記事の中では、スタディプラスの勉強中に登録されている数を参考に、

  • どの古文の参考書がどれくらい人気なのか
  • 古文の参考書の具体的な使い方とレベル感(アクシブblog予備校で取り扱っている参考書のみ)

を解説していきます!

人気の参考書や具体的な使い方を知り、効率よく学習を進めていきましょう。

※正確な数字や順位に関しては随時ご自身で確認していただきますようよろしくお願いいたします。

【古文】スタディプラスでみる!参考書ランキング

1位 ステップアップノート30古典文法 基礎ドリル 登録者:91592

口コミ
レベル的にはすでに古文の知識がある人におすすめの本です。これで始めの基礎的なところから学ぶのはキツイかな…
それと内容については問題が中心で文法の解説はあまり述べられていないです

引用元:amazon.com

良い口コミ
古典文法の基礎知識をしっかりと身につけた人には最適の問題集、参考書だと思います。
古典文法の参考書と言えば活用がダラダラと書いてあったり分厚い物が多いですが本書は100ページ未満で古典文法の大部分が完成します。
河合塾出版と言うことで非常に優れています。さすが教材の河合塾と言われるっているだけあります

引用元:amazon.com

2位 読んでみて覚える重要古文単語315 登録者:65017

基本データ

前提レベル なし
到達レベル MARCH・関関同立レベル(関連語除いた場合)

早慶レベル(関連語を入れた場合)

ページ数 304
目安時間 25h(関連語を除いた場合)

35h(関連語を入れた場合)

テスト
対象 オーソドックスな方法で古文単語をマスターしたい生徒

特徴

シンプルなレイアウトとイラストで分かりやすく古文単語を覚えられます。古典常識や文学史まで一冊にまとまっており、赤シートでチェックできるようになっています。

助動詞の識別や一覧表も最後についているため、古文に必要な知識がコンパクトにまとまっていて、試験会場に持っていきたい参考書になっています。

使い方と注意点

解説や例文を読みながら、赤字の意味を優先して覚えていきましょう。和歌や古典常識も読み流さずしっかり語句をチェックするようにしましょう。

文学史については便覧を参照しながら各作品の特徴もつかんでいけるよなお良いです。

難関私大、国庫率を目指す人は関連語も覚えるようにしましょう。

3位 古文上達 基礎編 読解と演習45 登録者:62715

良い口コミ
基本中の基本。
文法事項を終え、赤本、センター過去問などの実践を行う前に本書に取り組むことをおすすめします。1つの文法事項に対し、ひとつの長文となっていて、二つのことを基礎を抑えながら身につけることができます。文法事項は、とても細かいところまで載っていて本書のみで十分という訳ではありませんが、基本的なことはしっかり掲載されております。長文のレベルは、センターより少し易しい位です。
出典も大学入試でよく見かけるものばかりであり、有名所は一通り掲載されています。
古典では、その作品の大まかな内容を掴むことがとても重要になるので、そういった点でも本書をおすすめします。

引用元:amazon.com

良い口コミ
古典文法を勉強し終え、基本単語も一通り進められたら、まず最初にやってほしい一冊。文法のポイントごとに一題文章が用意されている。
内容もとっつきやすいものが多く、古文嫌いでもまだ取り組みやすい。基本知識を試す問題が多いが、意外と40字前後の説明問題もあるため、苦手な人や初学者は1周やったくらいでは満点は取れない。
だから、何度でも反復していくといい。解説は大して書かれていないが、解説編には、現代語訳とともに助詞や助動詞の意味も付けてくれているので、独学で進める場合も復習しやすい。文法・単語(300~400語程度)・この本を仕上げれば、センター、日東駒専、産近甲龍レベルくらいまでなら無理なく読めるようになる。

引用元:amazon.com

4位 ステップアップノート30古典文法トレーニング 登録者:22981

口コミ
非常に見やすく、扱いやすかった。
解答も親切丁寧で、細部まで作りこまれている。
難易度も適切で、文章である練習問題で実力を試せる仕様だ。
ただし、難関大学志望者には物足りないだろう。

引用元:amazon.com

良い口コミ
一行問題だけでなく、長文問題もできるのが良い。文法問題だけ取り組んでいるとつまらなくなってくるので、長文読解力トレーニングで目先を変えられるのは助かります。

引用元:amazon.com

5位 古文上達 読解と演習56 登録者:19377

口コミ
古文の中堅国公立大・最上位私大対策を想定した、標準〜やや難しめの問題集。
主に中堅国公立大志望の人、早稲田大等の最上位私大志望の人、または他の上位私大志望でも高得点を狙いたい人が対象。
基礎事項を勉強し終えた後に、実戦的な問題演習をこなしたい人におすすめ。
また、記述式の問題も相当数入っており、国公立大志望者や、私大志望でも記述対策が必要な人には重宝するだろう。
解説も充実しており、ある程度実力のある人が演習していく分には支障はないだろう。
中堅国公立大や全ての私大志望者には、過去問演習前の総仕上げに向くだろう。
旧帝大レベル文系志望者には、本格的な記述問題演習前の導入に向くだろう(具体的には「得点奪取古文」(河合出版)を薦める)。
難を言えば、記述問題について、採点基準が載っていないことである。
受験生としては、自分の答案がおよそどのぐらいの点数であるのか、知りたい所であると思われる。
細かい採点基準まではなくても、せめて記述解答に入れるべき要素を、箇条書きでも良いから入れてもらいたい。
また、現行の入試では少なくなった文学史の問題が、多めなのも気になるところである(これらの点を考慮して星4つ。改訂による対応を望む)。
学力を伸ばすためには、まず自力で解答を作成すること。
それを模範解答と照合し、どのように、なぜ違うのかをきちんと把握し、今後の学習に役立てることが必要である。

引用元:amazon.com

6位 富井の古文単語を初めから丁寧に 登録者:17012

口コミ
内容はかなり詳しいのだが、情報量が多すぎてよくわからない。
初学者だとついていけなくなると思うし覚えることもできないと思う。
英語のフォレストを分かりづらくしたみたいな感覚だった。自分は初めはこれを7周したけど内容を覚えられなくて、試しに古文上達基礎編を始めたらそっちの方がわかりやすかった。それからは古文上達基礎編をメインでやって、たまに辞書的に細かいところをこちらで調べる、というやり方をしていた。だからこれは多分メインでやる参考書ではなく、他の参考書をやっていくなかで説明が丁寧でない部分とかの補助的な装置として利用するのが良いと思う。特に助動詞の判別法など、マル秘テクみたいなものが載っているので、使い方を間違えなければ良い参考書。

引用元:amazon.com

7位 基礎からのジャンプアップノート古典文法・演習ドリル 登録者:13645

基本データ

前提レベル なし
到達レベル 早慶レベル
同時に取り組んでほしい参考書 山村由美子 古文文法講義の実況中継

ページ数 96
目安時間 25h
テスト
対象 古文文法の演習をしたい生徒

特徴

文法を書きながら学習することができる参考書です。

一節が見開き1ページにまとまっていて、そこで得た知識をすぐにチェック問題でアウトプットすることができます。

数節に1回載っている練習問題はチェック問題よりも高度な内容になっています。

使い方と注意点

上部の解説を全て覚えきるつもりで読みましょう。

その後下部のチェック問題に取り組む際は、それまでの解説、チェック問題をさっと見直してから取り組みましょう。

解けなかった問題は、解答を見る前に解説を読んで自分なりにこたえてみるのも良いと思います。間違えた場所は何度も復習しましょう。

 

8位 中堅私大古文演習 登録者:11042

良い口コミ
最近この問題集を購入したのですが、解説が本当に細かく、一人で勉強するのにはもってこいだと思います。
問題をといて答えあわせをした後に、わからないな、と思ってもほぼ解説で理解できます。
また、問題文の下には重要単語が抜粋されていているので古文単語を同時に確認する事もできます。
書店などで、見てみればわかると思いますがこの本の半分以上は解説ですので、本の厚さ分の問題があるわけではありません。
夏などの長期休暇のうちにざーっと1冊終わらせるのもそこまで苦ではないはずです。
私大志望の人はぜひ!

引用元:amazon.com

アクシブblog予備校でおすすめしている古文の参考書

アクシブblog予備校では古文のおすすめの参考書ルートを公開しています。

ランキングの中には出てきませんでたが、大学合格を目指す受験生の皆さんに是非お勧めしたい参考書が他にもありますので、気になる方はこちらの記事をチェックしてみてください。

これでゼロから早慶まで!おすすめ古文の参考書ルート公開!



アクシブアカデミーについて

アクシブblog予備校では参考書ルートなど、受験に役立つ情報を随時更新しています。

また、アクシブblog予備校を運営するアクシブアカデミーは東京大学が位置する本郷三丁目に本部を持ち、大学の受験情報や参考書の分析などを行い、塾生・受験生の皆さんのお力になれるよう日々尽力しています。

アクシブアカデミーに興味のある方はぜひこちらからお問い合わせください。

学習体質を身につける方法とは?

アクシブブログは、「スマホ体質を学習体質に。」をコンセプトに「たった2ヶ月で人生を変える塾」として 高校生・高卒生のみを対象にした大学受験専門の塾アクシブアカデミーが運営する大学受験メディアです。

【2ヶ月で人生を変えるアクシブアカデミーについての詳細はこちら】
・アクシブアカデミーってどのような塾なのか?
アクシブアカデミーはどんな予備校?
・オンラインでの個別指導で自宅でも通える
オンライン対応で高校生を救う!アクシブアカデミーの取り組み
・効率的な勉強方法を聞きたい
アクシブアカデミー無料受験相談を実施中!