【東大生による参考書分析】英単語帳「ターゲット1400」編

こんにちは、アクシブblog予備校です。

アクシブアカデミーの東大生による参考書分析シリーズ

今回は「ターゲット1400」を解説しています。

英単語の参考書はたくさんありますが自分にどれがあっているのか選ぶのは難しいですよね。

【東大生による参考書分析】英単語帳「ターゲット1400」編

フォード, トヨタ, 道路, 交通機関, 車, アウトドア, 通り, ツンドラ, ユーコン準州

 

この記事を読んで欲しい人は

・ターゲット1400を買うべきかどうか迷っている人

・ターゲット1400を持っているけれどうまく使えているか不安な人

になります

 

この記事を読むことで

・ターゲット1400がどんな参考書なのか

・自分の目指す大学にあった具体的なターゲット1400の進め方

がわかります。

 

「ターゲット1400」必要なレベル・到達できるレベル・1周するのにかかる時間

前提となるレベル

ターゲット1400に取り組むのに必要になるレベルは中学校レベルの単語は入っている人。高校に入ってすぐに取り組むことができる参考書になります。

 

到達レベル

ターゲット1400をやることで、共通テストレベルに到達することができるようになります。

日東駒専、産近甲龍、もギリギリ戦えるくらいのレベルに到達します。

大東亜帝国なら余裕を持って狙えるレベルです。

 

必要な時間

1周するのに約30時間かかります。しかし30時間は参考程度に。

単語は1度やっただけではすぐに忘れてしまいますし、派生語を覚えていくのもとても大切なので、何度も何度も繰り返しやるようにしましょう。

 

「ターゲット1400」東大生の分析

man holding camera with tripod during daytime

わかりやすさは

わかりやすさは 4.4/5.0(東大生7人によるアンケートの平均点)

ポジティブな面として

・一語一義主義でとてもわかりやすい

・文脈がよくわかる例文が掲載されていること

ネガティブな面として

・語源の解説などは無いに近い。シンプルさの裏返しとして、単語一つ一つがのっぺらぼうなものに見えてしまう。

という意見が見られました。

 

レイアウト

レイアウトは 4.4/5.0

ポジティブな面として

・シンプルなので、一気に詰め込むことができる。

・なにが大事なところなのか分かりやすい。

・1セクション100語というのが分かりやすく、ペース調整、復習の目途が立てやすい。

・ページを折って勉強することが推奨されている。実際それは効果的ではないか。赤シートではちらちら目に入ることがある。

ネガティブな面として

・例文を飛ばすことができてしまいそうに見える。覚えにくい語は、例文の文脈で覚えることも大事

という意見が見られました。

プラスの意見として

・シンプルなので、一気に詰め込むことができる。

・なにが大事なところなのか分かりやすい。

・1セクション100語というのが分かりやすく、ペース調整、復習の目途が立てやすい

マイナスの面として

・イメージから単語を覚えるには向いていない

という意見が見られました。

 

演習量

演習量は3.4/5.0

プラスの面として

・シンプルであるからこそ、周回数を上げることが可能である。

・基本的な語から難しい語まで、広くカバーしている。

・アプリも活用することで、発音確認やフラッシュカードなど、いろいろなアプローチができる。

マイナスな面として

・例文が1単語に1つずつしかない

という意見が見られました。

 

おすすめ度

おすすめ度は3,7/5.0

プラスの面として

・大量の語句を短期間で詰め込むのに適している

・基礎的な単語をマスターするには最適

・入試に出る順になっていることと、単語とその派生語・使い方・例文などわかりやすくまとめてある。例文は大学入試過去問から引っ張ってきているので見る生徒は意識が上がりそう

マイナスの面として

・ターゲット1400だけでは足りない大学も多い

という意見が見られました。

・出る順なので早めに結果が出やすい

 

良いところ、おすすめしたい人

・一冊で単語量をセンターレベルまで底上げできるので、短期でこのレベルに達したい人

・短期間に大量の語を詰め込むのに適しているところ

・受験まで時間の無い方や英語はそこそこでいいからほかの科目に時間を使いたい方にお勧めです。

 

悪いところ、おすすめしない人

・難関大を目指すには単語レベルが低い

・上位校を目指すにはもう一冊単語帳を仕上げる必要があり、重複も多くなる

・難関大(GMARCH以上で英語が難しい大学)で英語を得点源にしたい方は、他0ゲット1400だけでは不十分かも。ある程度以上複雑な文章を読むときや、未知の単語の予測のために必要なのは、日本語と一対一対応の単語力を踏まえたうえでさらに、単語それ自体のニュアンスや、単語同士のつながりを抑えること。

 

ターゲット1400の進め方

sailboats in ocean

 

実際にやる際に実行して欲しいポイントが3つあります

 

まずは一語一義で覚える

1周目は派生語を気にせず1つの英単語に対して1つの意味を覚えられるようになりることを目標にしましょう。1つの意味を覚えたら、派生語まで気にして覚えることができるとベストです。

 

品詞を意識する

ターゲット1400は難易度順のパートごとになっていて、さらに品詞別に別れています。

覚える際に、品詞を意識して覚えるようにしてください。これは和訳する際に動詞と名詞を間違って和訳したりしないようにするためです。

 

アプリやフラッシュカードも活用

単語を覚える前にまずはアプリ「ターゲットの友」を活用して正しい発音を覚えるようにしましょう。こうすることでリスニングの対策にもなりますし、聴覚を活用することで単語が覚えやすくなります。

 さらにフラッシュカードも活用するようにしましょう。これを活用することにより英単語を順番で覚えてしまっているとうことがなくなり、長文読解などに出てきてもしっかり和訳をすることができるようになります。

具体的な流れ

  1. 「ターゲットの友」で発音を確認する
  2. 一語一義で覚えていく
  3. 派生語まで覚える

この中で覚える際にフラッシュカードも活用するようにしてみてください。

 

アクシブアカデミーでは毎日参考書を分析した記事を投稿しています。

他の参考書との比較や英語全体の参考書の進め方の解説も今後更新予定ですのでぜひチェックしてみてください。

動画でもターゲット1400の解説動画はこちら↓

 

ターゲット1200分析記事はこちら↓

【東大生による参考書分析】英単語帳「ターゲット1200」編

ターゲット1900分析記事はこちら↓

【東大生による参考書分析】英単語帳「ターゲット1900」編



アクシブアカデミーについて

アクシブblog予備校では参考書ルートなど、受験に役立つ情報を随時更新しています。

また、アクシブblog予備校を運営するアクシブアカデミーは東京大学が位置する本郷三丁目に本部を持ち、大学の受験情報や参考書の分析などを行い、塾生・受験生の皆さんのお力になれるよう日々尽力しています。

アクシブアカデミーに興味のある方はぜひこちらからお問い合わせください。

学習体質を身につける方法とは?

アクシブブログは、「スマホ体質を学習体質に。」をコンセプトに「たった2ヶ月で人生を変える塾」として 高校生・高卒生のみを対象にした大学受験専門の塾アクシブアカデミーが運営する大学受験メディアです。

【2ヶ月で人生を変えるアクシブアカデミーについての詳細はこちら】
・アクシブアカデミーってどのような塾なのか?
アクシブアカデミーはどんな予備校?
・オンラインでの個別指導で自宅でも通える
オンライン対応で高校生を救う!アクシブアカデミーの取り組み
・効率的な勉強方法を聞きたい
アクシブアカデミー無料受験相談を実施中!