これでゼロから早慶まで!おすすめ政治経済の参考書ルート

これでゼロから早慶まで!おすすめ政治経済の参考書ルート

政治経済の対策をしなければいけないけど、適切な勉強方法がわからない。

政治経済の参考書を調べても多すぎてどれが自分に合っているのかわからなくてこまった。。。

そんな悩みを抱えている高校生の皆さんのために、この記事では政治経済の参考書ルートを紹介していきます!

  • どのレベルの時にどの政治経済の参考書を使えばいいのか
  • その参考書を終えたらどれくらいのレベルに到達することができるのか

などゼロから早稲田・慶応大学の難易度まで対応できるルートになりますので、今の自分のレベルと志望校のレベルに合わせて、使う参考書を選んでみてください

政治経済 おすすめの参考書ルート

政経蔭山セット

前提レベルなし到達レベルMARCH・関関同立レベル目安時間65h

政治経済 おすすめの参考書一覧

蔭山のセンター政治・経済 パワーアップ 版 (大学受験Nシリーズ)

基本データ

ページ数 423
目安時間 20h
対象 政経を1から学びたい生徒・ フルカラーの参考書が好き な生徒

特徴

先生の解説に生徒が質問や合いの手を入れる対話形式で進んでいくため文体も柔らかく、読み進めやすくなっている参考書です。

また最重要語は赤大文字、重要語は太字に蛍光ペンで強調してあり、さらにコラムやまとめなどで要 点がわかりやすくなっているため集中して要点を覚えることができます。

本書は1章の分量が15ページほどであり、一気に読み切ることが苦にならない量で書かれています。

使い方と注意点

1度読んでわからない部分があったら もう1度読み、ひとつひとつ理解しながら進めていきましょう。

センター試験レベルの内容なら全部載っているため、因果関係などすべて覚えるつもりで進めていきます。

その後の勉強で分からない部分があったらこの本に立ち返 って、しっかりと復習しましょう。

参考書ルートへ戻る

蔭山のセンター政治・経済ポイント&キー ワード パワーアップ版

基本データ

ページ数 379
目安時間 20h
テスト
対象 知識を整理したい生徒

特徴

要点をまとめたビジュアル的に覚えやすいレイアウトを採用しています。

本書は1 テーマ4~6ページで要点が整理されており、「一問一答でキーワードチェック!」と「センターレベルにチャレンジ!」の2つで整理し た内容を十分に復習できる参考書になっています。

説明部分、問題部分、解答、解説の全てにおいて重要語句が赤字で書かれており、赤シートで簡単に復習できるようになっています。

使い方と注意点

理解本で覚えた内容を整理して覚え直したい時や、視覚 的に覚えたい時に使うとよいです。

説明部分を読む際は必ず理解本の内容を思い出しながら、ひとつひとつのキーワードの意味をしっかり理解して読み進めましょう。

問題を解き終わったら解説を読み、間違えた問題につ いては解説や理解本の該当箇所を必ず読み返しましょう。

参考書ルートへ戻る

シグマ基本問題集政治・経済 (シグマベス ト)

基本データ

ページ数 127
目安時間 25h 35章×40分
対象 基本を固めたい生徒・様々な 問題形式に触れたい生徒

特徴

基礎をしっかり固めるには最適な1冊です。

学校の授業の復習などに活用しよう。大問ごとに問題形式が異なり、様々な問題形式で同一テーマを学習できます。

使い方と注意点

問題を解く順序は頭からでも、授業や理解本で扱った 内容からでも構いません。

解答を見る際は解説にも目を通そう。解説にも重要語の説明などが載っているため、しっかり頭に入れましょう。

わからない問題があった場合は理解本などで必ず復習しましょう。

参考書ルートへ戻る

改訂第2版 大学入試 蔭山克秀の 政治・ 経済が面白いほどわかる本

基本データ

前提レベル 高校基礎レベル
到達レベル 早慶レベル
ページ数 416
目安時間 45h
対象 難関大を受験する生徒・最新 の時事問題を理解したい生 徒

特徴

本書は全ての章において、Point整理とPoint講義の2本立てで構成されている。まずその章のポイントがビジュアル的にわかりやすくまとめてあり、その後文章でポイントをわかりやすく解説している参考書です。

本書はセンタ ーレベルの知識を押さえつつ、最難関大学に必要な知識まで掲載しています。

ただやみくもに難しい単語を羅列するだけでなく、Point 講義でしっかりと理解したうえで覚えることができるよう配慮されています。

また、最近 の政経出題傾向を把握して本番での得点に繋げましょう。

使い方と注意点

本書は『蔭山の政経』などで政経についての基本事項を学んだあとに取り組みましょう。

Point整理の部分で基本事項をおさらいしたあと、Point講義でしっかりと 内容を理解しましょう。

先の学習でわからない部分があれば本書で調べましょう。

その際、該当箇所をピンポイントで読むのではなく、その章全部を読んでしっかりと周辺知識まで復習しましょう。

参考書ルートへ戻る

私大攻略の政治・経済―要点整理と問題演 習 (河合塾シリーズ)

基本データ

前提レベル 大東亜帝国・接神追桃レベル
到達レベル MARCH・関関同立レベル
ページ数 400
目安時間 50h
対象 標問は難しすぎて手をつけ られない生徒・詳しい解説が 好きな生徒

特徴

基本的にどの私大でも対応することが可能で且つ、参考書並の解説の詳しさが、この参考書のよいところです。

問題が3つのレベルで構成されており、レベル1、2は日東駒専、レベル3はMARCHとなっています。

早稲田レベルに対応した問題集ではないが、問題量・分かりやすさ・レイアウト・難易度の全てにおいて充実しており、暗記にも役立ちます。

使い方と注意点

この問題集を取り組む前にセンター試験の演習を完了していなければ、非常に 難しく感じる問題になっています。

問題を解いたら解説を読み、必ず復習を行いましょう。

解説がかなり詳しいので理解本に戻って見直す必要はありません。また複数回解くのも、参考書の使い方としてオススメです。

参考書ルートへ戻る

政治・経済 標準問題精講 四訂版

基本データ

前提レベル 日東駒専・産近甲龍レベル
到達レベル MARCH・関関同立レベル
ページ数 168
目安時間 40h
対象 政経のレベルを一段階上げ たい生徒

特徴

本書は政治編、経済編それぞれ10章で構成されており、「標問」で問題演習を行った後「精講」で重要知識を復習する形式の参考書です。

二次試験や個別試験で政経を使う生徒には欠かせない事項ばかりなので、何度も復 習しましょう。

各章4問の標問が載っており、大まかに標問1 が基礎レベル、標問2・3 が標準レベル、標問4がやや難しいレベルとなっているため、自分の目標レベルに合わせて取り組む問題を選定できます。

使い方と注意点

問題を解 き、解説と精講を読みましょう。

解説はコンパクトに書いてあるため、説明不足だと感じたら『蔭山の面白いほど』などの理解本で再度復習しましょう。

精講についても熟読し、知らない知識があればしっかりと理解しましょう。

参考書ルートへ戻る

政治・経済問題集 第2版

基本データ

前提レベル MARCH・関関同立レベル
到達レベル 早慶レベル
ページ数 272
目安時間 45h
対象 政経を極めたい生徒

特徴

二次試験や個別試験向けの問題集の中でも難度の高い問題集です。

取り組む生徒は基本~標準レベルの知識を十分覚えていると想定されているため、本書を完璧にすれば最難関大の入試も怖くなくなるだ ろう。本書は「基本」と「展開」の2段階のレベルの問題を載せているため、自分のレベルに合わせて問題を選択することもできるような構成となっています。

また、問題の後には「ヒント!」「キーワード」のコーナーがあり、問題編で扱った内容をさらに深く学習することができる参考書となっています。

使い方と注意点

問題を解き、解説、ヒント、キーワードをよく読みましょう。

問題は自分のレベルに合わせて基本、展開どちらかだけを解いてもよいです。

解説はコンパクトなので、 わからない部分があれば『蔭山の面白いほど』などで適宜復習しながら学習を進めましょう。

参考書ルートへ戻る

政治・経済資料 2020

基本データ

ページ数 404
対象 経済分野が苦手な生徒・時事 問題や世界情勢を詳しく知 りたい生徒・現代社会で受験 する生徒

特徴

写真が豊富で見やすいだけでなく、「政治・経済」 過去10年間、「現代社会」 過去9年間にセンター試験で出題された内容に年度マークがついているので、センター試験に出題された内容がすぐに分かります。

本書は問題 が豊富かつ最新の話題のものまで載っているので、時事問題を勉強する際はこの参考書一冊で十分対策ができる。

文字ベースでの学習というより、地図やグラフと合わせてより政治経済を深く理解するための参考書です。

使い方と注意点

理解本と合わせて同時並行で学習するのがよいです。

政治分野は暗記が重要であるが、国際政治・経済・国際経済などの分野では、地図やグラフを見て、背景・原因・特徴を理解することが重要なので、丸暗記をしてしまわないように注意しましょう。

参考書ルートへ戻る

政治・経済用語集 第2版

基本データ

ページ数 258
対象 最難関大の用語まで覚えた い生徒

特徴

本書はあらゆるレベルの用語を収録している参考書です。

高校教科書8冊のうち何冊でその用語が出ているのかが記載されており、数が多いものは赤字となっています。

重要度が頻度数として表れているので、非常に参考になります。

難関大学を受ける生徒は頻度数の低い用語まで覚え切りライバルに差をつけましょう。

本書の用語説明は大変詳しいため、用語の周辺知識も合わせて覚えることができます。また、用語を見てその説明ができるようになれば 論述対策にもなります。

使い方と注意点

用語を覚えていく。最初のうちは赤字の単語から優先的に覚えていくとよいでしょう。

説明を読んで用語を答えるような使い方を最初に行い、それができるようになったら用語を見て説明をできるよ うに取り組みましょう。

参考書ルートへ戻る

高校で学ぶ政治経済には次のような特徴があります。

高校で学ぶ現代社会の特徴

政治経済
この科目で学ぶこと
具体的に何を学ぶか
世の中の基本的な仕組みを学び、そこから、現在の 社会が直面する諸問題を検討する。
中学との違い
政治と経済の成り立ちや変遷、内容を詳細に至るま で学ぶ。
特徴(他科目との違い)
時事が問われる。暗記科目ではあるが、理論 や原理の理解が重視される。
魅力
新聞やニュースに今までより興味を持つようになり、またその内容が格段に面白くなる。現代文や小 論文にも知識を活用することができる。大学の一般 教養の授業で大変な思いをしない。
苦労点や注意点
法律や制度の改正が行われるので古い過 去問や問題集を行う際には注意が必要。 計算問題がしばしば出題される。日本史や世界史よ り勉強量が少なく済むと言われているが、案外覚え ることが多い。
入試で特に問われること
形式・配点・重点
センター試験
基礎知識の理解を問う問題、時事問題、理論や原理 の理解を問う問題が出題される。そのため正確な 暗記やグラフなどを読み取る思考力が必 要とされる。
共通テスト
(試行調査より)
センター試験と知識量や難易度に大きな変化はない が、出題形式がやや変わる。
私立中位
知識をベースとした時事的、歴史的に突っ込んだ問 題などが出題されるため、正確な基礎知識の暗記が 必要。時々、信用創造など簡単な計算問題が出題される。
私立上位 センターレベルの知識問題から、憲法や法律の細か い内容を問う難問に対応できる知識レベルが必要。 かなり深い理解が必要な計算問題や、細かな知識を 求められる時事問題に絡めた論述問題がしばしば出 題される。
国公立中位
基礎的な知識を身につけたうえで、記述する力が問 われる。
入試までにつけなければいけない力
共通テスト
提示された資料を読み解く力、体系的な知識のイン プット。→【政経蔭山セット】
私立中位
共通テストレベルの知識と理解。私大は記述の場合があるので、用語を正しくかける力も必要→【政経蔭山セット】
私立上位
共通テスト以上の知識のインプット、理論や原理の 深い理解、自身の意見を記述する力、複雑な計算問 題に対しての計算力。→【政経蔭山セット】で基本 的な知識をいれたうえで、『蔭山面白いほど』で細 かい知識のインプット。レベルや演習に確保できる 時間を考慮しながら『私大攻略』『標問政経』『山川 の政経問題集』で演習を積む。
国公立中位
(二次試験)
概念を理解したうえで、その及ぼす影響力について知り、理論立てて論述する力を身につける。
計画の立て方
長期計画の立て方
【センター試験のみ】初めに『蔭山の政経』と『資料 集』を並行して取り組み、1 単元が終わり次第『蔭 山の政経P&K』と『シグマ政治経済』を取り組む。 このサイクルを繰り返し、最後に過去問を行う。【私 立】『蔭山の面白いほど』と『資料集』を並行して取 り組み、受験校のレベルに合わせた『問題集』でア ウトプットを行う。このサイクルを繰り返し、最後 に過去問を行う。また適宜センター試験の過去問を 挟むのも良い。
短期計画の立て方
【センター試験のみ】『蔭山の政経』と『資料集』で 内容を理解し、単元毎に『蔭山の政経P&K』で確認 を行った後、『シグマ政治経済』と過去問で完成さ せる。【私立】『蔭山の面白いほど』と『資料集』で 内容を理解し、センター試験過去問に取り組む。そ の後、受験校のレベルに合わせた『問題集』を1冊 繰り返し、暗記を定着させる。
どのように勉強するか
市販の参考書の使い方
まず理解本を読み、全体の流れや仕組みを把握する。 次に問題集を解き演習する。古い過去問は現状 とズレがありうるため、基本的に問題集を使っ て進めていく。目指すレベルと時間的余裕によるが、 過去問に取り組むまでにレベル別に3冊ほど行 うのがよい。その際、間違えた問題や理解本に載っ ていない内容は、自分でノートにまとめてお く。また、時事問題がまとめられている本を買い、 現在重要な争点(法律や制度や改革)は何なのか、理解本などと照らし合わせて把握してお く必要がある。
過去問の使い方
センターであれば、過去5年分の本試と追試で過去 問対策を行い、私大であれば同大学内で学部を変え て5年分の演習がよい。センター過去問演習をきち んと丁寧に行えば、かなり学力が上がる。時間は かかるが、間違っている選択肢に対して、 どこがどう間違っているのかひとつひと つ考えながら行うこと。私大の過去問であれ ば、大学によって出題形式や傾向を把握することが 大切である。

他科目のおすすめ参考書ルート

アクシブblog予備校では大学受験に必要なすべての科目のおすすめ参考書ルートを公開しています。

また、参考書ルートだけでなく、各記事では大学の難易度別に必要な対策も解説しています。

是非参考にしてみてください。

【大学受験】あなたにぴったりの参考書はこれ!全科目参考書ルートまとめ

社会ならこちら!

これでゼロから早慶まで!おすすめ世界史の参考書ルート

これでゼロから早慶まで!おすすめ日本史の参考書ルート

これでゼロから早慶まで!おすすめ地理の参考書ルート

これでゼロから早慶まで!おすすめ現代社会の参考書ルート

これでゼロから早慶まで!おすすめ倫理の参考書ルート

 



アクシブアカデミーについて

アクシブblog予備校では参考書ルートなど、受験に役立つ情報を随時更新しています。

また、アクシブblog予備校を運営するアクシブアカデミーは東京大学が位置する本郷三丁目に本部を持ち、大学の受験情報や参考書の分析などを行い、塾生・受験生の皆さんのお力になれるよう日々尽力しています。

アクシブアカデミーに興味のある方はぜひこちらからお問い合わせください。

学習体質を身につける方法とは?

アクシブブログは、「スマホ体質を学習体質に。」をコンセプトに「たった2ヶ月で人生を変える塾」として 高校生・高卒生のみを対象にした大学受験専門の塾アクシブアカデミーが運営する大学受験メディアです。

【2ヶ月で人生を変えるアクシブアカデミーについての詳細はこちら】
・アクシブアカデミーってどのような塾なのか?
アクシブアカデミーはどんな予備校?
・オンラインでの個別指導で自宅でも通える
オンライン対応で高校生を救う!アクシブアカデミーの取り組み
・効率的な勉強方法を聞きたい
アクシブアカデミー無料受験相談を実施中!